カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 食事 >
  4. 生鮮食品 >
  5. 魚のパックにフグが混入!?フグを口にしてしまったらどうなる?どうすればいい!?

健康診断・健康管理

魚のパックにフグが混入!?フグを口にしてしまったらどうなる?どうすればいい!?

 

スーパーで売られている魚に、フグが混入していたというニュースが各地で見られています。豆アジのパックに入っていたというケースや、シラスの中にフグの稚魚が入っていたというケースがあり、自主回収などがされています。

 

魚のパックにフグが混入!

冒頭に書いた通り、魚のパックに、毒処理がされていない毒フグが混入していたというケースがいくつか見られています。

魚のパックの中にフグが入っているなんて思いませんから、そのまま食べてしまったりしたら非常に危険です。特にシラスなどは一匹ずつを細かく見ずに使ってしまうことも多いため、知らないで食べてしまうということも十分にあり得ます。

 

フグを食べたらどうなる?

フグ毒であるテトロドトキシンは、内臓、皮膚、血液、筋肉の一部などに含まれています。

フグは種類によって、毒を含む場所が異なるため、きちんと免許を持っている人が、認証を受けた場所で毒の処理をしなければ、提供することができません。

もし、こうした毒処理をされていない毒フグを食べてしまったら、どのような症状が起こるのでしょうか。

フグ毒の中毒症状は、比較的急性的で、摂取後20分~3時間ほどで症状が見られるようになります。

 

唇や舌先のしびれ、指先のしびれと続き、頭痛、腹痛、腕痛が伴うこともあります。

 

進行と共に、歩行困難、嘔吐、言語障害、呼吸困難、血圧低下といった重篤な症状が起こります。

 

最終的には呼吸麻痺によって死に至ります。死亡に至るまでの時間は4~6時間程度です。

 

小さくても危険です!

稚魚が混入しているという例がありますが、なんとなく小さければ毒が少なく、大丈夫なのではないかと思うのではないでしょうか。ですが、フグは稚魚の段階から毒性が高いことも多くあります。

そのため、小さいから大丈夫だろうと軽く考えないようにしましょう。

 

口に入れてしまったら?

残念ながら、口に入れてしまった場合の対処法というのはありません。

まだ口の中に残っているような場合には、すべて吐き出しましょう

あとは見られている症状に対して、対処していくしかありません。直ちに救急車を呼ぶか、病院に連れて行きましょう。

ただ、病院に行ったとしても確実な治療法というものはなく、体内に入った毒を積極的に排泄するための措置がとられます。人工呼吸器で呼吸を補い、胃洗浄をし、尿からの排泄を促すといった対処がされます。

 

 

何よりも口に入れないということが一番です。ですが、多くの中に紛れてしまっては、分からないこともあります。ですから、食べてしまったときに急性的な症状が見られたら、救急で病院にかかるようにしましょう。

 

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生鮮食品に関する記事

生鮮食品の自主回収…食べられるのに回収も!どんな理由での回収が多い?

  時たまニュースで流れてくるのが生鮮食品や加工食品の自主回収についてです。新...

残留農薬が気になる…生鮮食品の農薬検査はどこがどんな風に行っている?

  生鮮食品の中でも野菜や果物などの農産物を買う時には農薬の影響を心配する方も...


生食できる肉はない?!牛レバーや豚レバー、知っておきたい危険な生鮮食品(肉)まとめ

  2011年に大々的なニュースとなったのが生肉の食中毒事件です。この食中毒事...

有機栽培、無農薬栽培・減農薬栽培…本当に体に良いの?安全な食材とは…

  お米や野菜のパッケージによくある「有機栽培○○」や「無農薬○○」といっ...

カラダノートひろば

生鮮食品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る