カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. 時期 >
  5. 今年の日焼け止め、来年も使えるの?意外に知らない日焼け止めの使用期限

美容・ダイエット

今年の日焼け止め、来年も使えるの?意外に知らない日焼け止めの使用期限

 

去年の日焼け止めは来年も使えるでしょうか?女性は1年中日焼け止めをつけている人もいるでしょうが、紫外線が強くない時期はファンデーションくらいで済ませる人もいるでしょう。季節によって、日焼け止めの強さを変える人もいると思います。そうなると気になるのが、日焼け止めの使用期限ではないでしょうか。

 

日焼け止めの使用期限はどれくらい?

日焼け止めの使用期限というのを見たことがあるでしょうか。実は日焼け止めの使用期限というのは表示の義務がなく、そのため使用期限について知っている人は少ないと思います。

 

基本的にはワンシーズンで使い切る

基本的に推奨されるのは、そのシーズンに買ったものはそのシーズンで使い切る使い方です。ただしそれは理想であって、実際に使い切るのが難しい場合もありますよね。

 

1年後の日焼け止めは使える?

まず、未開封の場合は1年前に買ったものであっても、使用することができるとされています。使用できるというのは、効果が変わらないということであり、SPFやPAといった性能自体は、変わらないとされています。

一方で開封したものに関しては、正しく保管していれば1年後も使えるとされています。

 

では、正しい保管方法は?

未開封のものでも、開封したものでも、正しい保管方法をすることが大切です。正しい保管方法とは、

・容器の口をきれいにふき取る

・キャップをきちんと閉める

・直射日光を避け、常温で保管する

といったことを守った保管です。

 

防腐剤がキニナル!

日焼け止めには、雑菌の繁殖を防ぐために防腐剤が入っているものも多いです。この防腐剤というのは、その日焼け止めを使い切る期間分だけ効くように設けられています。ですから使用期限を過ぎると、防腐剤の効果は減ってしまいます。

想像ができると思いますが、雑菌が繁殖したものを肌につけるとトラブルの原因になります。

ちなみに未開封のものは3年、開封したものは正しく保管しても1年が目安です。

 

 

当然ですが「無添加」のもの、「防腐剤フリー」のものは、防腐剤が入っていない分使用期限は短くなります。未開封でも1年以内、開封したものでは6ヶ月以内を目安に使い切るようにしましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時期に関する記事

夏バテ防止!ウォーキング中の熱中症には気をつけて!喉が渇かなくても定期的に水分摂取を

  夏に多くの患者数を出してしまう熱中症の症状。 重度の場合には、入院を...

夏だけ日焼け止めを塗っても不十分?紫外線対策が1年中必要なワケ

    「日焼けしたくない!」   日焼けをすると、今は大丈夫でも、いつかシミに...


過ごしやすい春と秋こそ紫外線対策を

紫外線の量は季節によって太陽の高さが変わることで、地球に降り注ぐ光の量が変わり...

雪焼け予防としての日焼け止めの塗り方

  ウィンタースポーツとしてスキーやスノーボードを冬の時期に楽しむ人もいると思...

カラダノートひろば

時期の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る