カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. デリケートゾーン >
  4. デリケートゾーンの黒ずみ!原因はふだんの生活にあった!?

女性のカラダの悩み

デリケートゾーンの黒ずみ!原因はふだんの生活にあった!?

色素が沈着してしまうデリケートゾーンの黒ずみ。ひとたび黒ずんでしまうと、元の状態に戻すのは至難の業。黒ずみの原因を知り、日ごろのケアや予防に役立ててください。

 

摩擦

デリケートゾーンの黒ずみの原因で、最も多いのが下着などによる摩擦です。特にVゾーンは下着のふちがあたるので、黒ずみに要注意です。締め付けがキツイ、サイズが合わない下着は皮膚と摩擦が起こりやすく、黒ずみを引き起こします。ガードルを日常的にはく人は、締め付けすぎていないかチェックしてください。化学繊維を使用した下着も皮膚への刺激になるので、皮膚が弱い人は避けたほうが安心です。自分に合ったサイズの下着を履き、素材にも気を配りましょう。

 

アンダーヘアの処理

カミソリで頻繁に処理をしているならカミソリ負け、ワックスや除毛クリームによるかぶれや炎症などで皮膚に負担がかかります。腫れや赤みがそのまま色素沈着して、皮膚に残ってしまうことも。皮膚に負担をかけない処理、アフターケアが大切です。

 

デリケートゾーンのトラブル

デリケートゾーンの皮膚はとても薄く、刺激に弱いのが特徴です。ささいなことが原因でかぶれなどのトラブルに陥り、黒ずむことがあります。生理中はナプキンによるかぶれ、夏やぴったりしたパンツスタイルによるムレなどは、その一因。デリケートゾーンにかゆみやかぶれが頻繁に起こるなら、そこから黒ずみにいたる恐れがあります。

 

洗いすぎに要注意

デリケートゾーンの黒ずみや臭いが気になるからと、ボディソープでゴシゴシ洗っていませんか?これは、刺激が強いので避けたい行為。ふつうのボディソープ、中でもアルカリ性のソープはデリケートゾーン向きではありません。弱アミノ酸の低刺激ソープ、デリケートゾーン専用ソープをおすすめします。こすりすぎも厳禁です。

 

思い当たる項目はありましたか?ちょっとしたことに気をつけて、黒ずみを防ぎましょう。

 

(Photo by:足成

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デリケートゾーン に関する記事

セックスの時に出血!薬を安易に塗ってはだめ

セックスのときに出血。ちょっとびっくりしてしまいますね。 ですが、勝手な判断で...

フンドシが女性の悩みを解決する!?そうは言っても…気になる☆フンドシの実際の使用感

女性用のフンドシが売られているのを、見たことがあるでしょうか。 一般的なゴ...


一体何?陰部にできたおでき?!がんなどの重い病気である可能性も…

陰部は粘膜や分泌腺、排泄器官があったり、さまざまな刺激を受けやすく、細菌やウイル...

洗いすぎが逆効果になることも?!膣の中のデーデルライン乳酸菌を守ろう!

   健康な女性の膣内にはデーデルライン乳酸菌という常在菌が住んでいます。「菌」...

カラダノートひろば

デリケートゾーン の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る