カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 内分泌 >
  4. バセドウ病(甲状腺機能亢進症) >
  5. なんで疲れがとれないの…?その疲れの原因は、もしかしたらバセドウ病によるものかも?

気になる病気・症状

なんで疲れがとれないの…?その疲れの原因は、もしかしたらバセドウ病によるものかも?

疲れというのは、生活中で生じるものですから、あまり気にしないでしょう。ですが、「原因不明の疲れ」となると話は別だと思います。

時には、ただの疲労感ではなく、何もする気が起きない程の、体の異変が生じるということもあります。さて、これは何の症状でしょうか。

 

女性を襲う原因不明の疲労感

女性はホルモンの変動が多く、それに影響されて、日常的に「何となくの不調」と戦うことが多いと思います。

不調という結果に対して、明確に原因が分かっていて、それに対する効果的な対処法もあればいいのですが、なかなかそうはいかないことも多いです。

さて、女性ホルモンの影響でもこうした、「何となくの不調」が起こりますが、他のホルモン分泌の影響によって、不調がもたらされることがあります。

 

ただ、不調という状態は病気とは違い、なかなか病院で診てもらっても、きちんとした病名が着くことがありません。そのため、原因が分からないまま、ずっと調子が悪い状態が続くことがあります。

それどころか、明確な原因がないため、周囲からは「気持ちの問題」「怠け者」と、思われてしまうこともあります。

 

原因不明の疲労の正体とは?

上記のように、見られている「不調や重い疲労感」という症状だけではなかなか病名がつかない場合、考えられるのがバセドウ病という病気です。

名前だけならば聞いたことがあるかもしれません。バセドウ病というのは免疫の異常によって起こる、自己免疫疾患です。

 

免疫の異常によって起こるのが、甲状腺ホルモンの異常分泌です。そしてこの甲状腺ホルモンが、女性の体を異常に疲れされる原因になるのです。

 

なぜ、甲状腺ホルモンが体を疲れさせるの?

甲状腺ホルモンというのは、もともとの役割としては。体全体の細胞に作用し、細胞の新陳代謝を上げる働きです。

 

つまり、甲状腺ホルモンの分泌が過剰になるということは、全身の新陳代謝が異常に高くなってしまうということなのです。

臓器の活動、脳の活動が通常よりも活性化する状態というのは、体のエネルギーを大量消費することが想像できると思います。特に心臓や消化器の機能が、活発になりすぎる傾向があります。

 

時間の経過と共に症状は進行していき、異常分泌の量も増えていきます。そのためだんだんと疲れる度合いが増していくのです。ひどくなると夜の寝ている間でさえ、エネルギーの消費がされてしまい、寝ても疲れが取れないという状態になってしまいます。

 

バセドウ病で分泌される、甲状腺ホルモンは女性を疲れさせるホルモンとして、注目されてきているようです。同時に、このバセドウ病を発症する人が増えているとも言われています。特に若い方の方が発症しやすいと言われていますので、心当たりがあれば病院で診てもらってはどうでしょうか。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)に関する記事

バセドウ病眼症の治療は眼科医で!

バセドウ病によって起こる目の異常を、バセドウ病眼症といいます。バセドウ病眼症は主...

バセドウ病は完治しないというのは本当?

  一度バセドウ病にかかると完治は難しい、バセドウ病は完治しない病気などという...


バセドウ病になったらヨードは控えるべき?

    バセドウ病とは、甲状腺が抗体(免疫)によって刺激され甲状腺ホルモンを...

家族がバセドウ病だと気になる…バセドウ病は遺伝する病気?

  自分の家族がバセドウ病だったり、親戚にバセドウ病の患者がいるともしかし...

カラダノートひろば

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る