カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. その他 >
  5. なんとなく疲れる原因は甲状腺ホルモン異常だった!?あなたは大丈夫?発症しやすい特徴とは?

女性のカラダの悩み

なんとなく疲れる原因は甲状腺ホルモン異常だった!?あなたは大丈夫?発症しやすい特徴とは?

何となくの疲れというのは、誰しも感じたことがあると思います。「ちょっと仕事をしすぎたかな」「気を使って疲れたからかな」「十分に寝れなかったからかな」など、原因が思い当たることもあるでしょう。

しかし、中には「何もする気が起きない程の疲労感」がずっと続くのに、原因が分からないというケースがあります。

 

第三の疲れの原因は「甲状腺ホルモン」

肉体的な疲れ、精神的な疲れに続いて、第三の疲れの原因と言われているものに、甲状腺ホルモンがあります。

冒頭のように、原因不明の「何もする気が起きない程の疲労感」の裏には、この甲状腺ホルモンの過剰分泌が隠れているかもしれません。甲状腺ホルモンが過剰分泌する病気というのが、バセドウ病です。

 

どんな人が発症しやすい?

ではこのバセドウ病はどんな人がなりやすいのでしょうか。

 

☐女性に多い

実際には男性の患者さんもいますが、女性の方が圧倒的に多いという特徴があります。割合としては、全体の3/4が女性と言われています。

 

☐若年層に多い

若年層限定の病気というわけではなく、どの年齢層でも発症する可能性はあります。しかし、実際多いのは20~30代の若い年齢層の患者で、これらが半数を占めるとも言われています。

ただ、近年増加傾向にあると言われているバセドウ病では、これよりも若い年齢や、上の年齢でも見られることがあります。

 

☐体質が遺伝する

バセドウ病は遺伝が、発症の要因になり得ると言われています。

親や血縁者がバセドウ病だからといって、必ず子どもが発症するというわけではありません。病気そのものが遺伝するということではなく、バセドウ病を発症しやすい体質が遺伝すると言われています。

 

発症要因は、確たるものがあるわけではありません。他にも要因としてストレスや、喫煙、アレルギー、ウイルス感染などが考えられています。これらの要因が相互作用しあって、バセドウ病を発症するとも考えられます。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

その外反母趾、痛みがなくても放っておいちゃダメ!痛みがなくても危険な外反母趾の怖さ

足が大きく変形する外反母趾は、見ているだけでも「痛そう」な印象ですよね。実際に...

こんな方法もあった!足にバンソウコウを貼らないで「靴ずれを予防する方法」あれこれ

「新しい靴をおろすときは、絶対にバンソウコウを持ち歩く」という人は、どんな靴ず...


急に立ち上がるとクラクラする…めまいと立ちくらみは原因が異なる?!

    めまいと立ちくらみは、症状としては目の前が回転するような感覚やふわふ...

直腸瘤による便秘には早めの対処を!

  直腸瘤は軽度ならばほとんど症状もなく、何の対処もする必要はなく、もし症状が...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る