カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 9月病に注意!「夏休み明けはバリバリがんばるぞ」は危険かも…

メンタル

9月病に注意!「夏休み明けはバリバリがんばるぞ」は危険かも…

デスクワーク

9月病とは、元々はヨーロッパなど長い夏休みであるバカンスが終わった後になかなか仕事モードになれない人の症状を指していました。しかし、最近では日本でも、夏の身体的・精神的な疲れにより、「9月病」で抑うつ状態になる人が増えています。

 

9月病にならないようにするために

①ストレスをためない

「夏休みでしっかり休んだからバリバリ仕事を頑張るぞ」など、自分にあまりプレッシャーをかけ過ぎないように過ごしましょう。身体的にも精神的にも休んでいた状態、もしくは休み中に活発に行動して疲れた状態で、急にアクセル全開で頑張ってしまうと、余計に疲れていまいます。ゆっくりといつもの調子に戻すくらいの気持ちで取り組みましょう。

②ストレスを発散しよう

いくらためないようにしても、全くストレスのない環境にいるというのは難しいこと。特に、几帳面で完璧主義、頑固で一度言ったことは曲げない人や周りに合わせる人などは他の人と比べてストレスがたまりやすい傾向にあるので、自分で意識して休息とったり、気分転換の時間を設けたりしましょう。

③十分に休息をとろう

身体的にも、精神的にも十分に休息を取りましょう。「休んだあとなのに」と思いがちですが、体も心も社会生活に「慣れさせる」ために必要なことです。

④悩みを外に発散しよう

自分一人で悩まないようにしましょう。特に男性などは、他の人に自分自身の調子のことや愚痴を話すことに抵抗のある人もいるかもしれませんが、自分の頭のなかで考えている状態より、言語化したほうが、整理しやすいことも多いものです。家族や友人に話すのが難しいのであれば、第三者であるカウンセリング機関などに電話してみることもいいでしょう。

 

自分自身で気が付けないことも多いので、周りにいる家族や友人、上司や同僚が気がついてあげることも大切なことです。

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%B9-%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9-336378/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

秋に関する記事

残暑の抑うつ気分を克服!!朝食にはトリプトファンを食べよう!

「やる気がでない」「だるい」「不安」「焦り」「頭痛・腹痛」など、抑うつ症状を引...

9月に入ってから体調を壊してないですか?9月病撃退は生活習慣の改善が鍵!

残暑の季節に身体的・精神的な疲れが溜まりすぎたり、過度のプレッシャーなどで抑う...


寝る前の一工夫で9月病を吹き飛ばせ!ストレス解消&リラックス法

   最近増えている9月病。夏休みが終わった残暑の頃に、抑うつ症状が出るのが特...

うつ病が増えてくる季節というのが、秋です。うつ病の中には季節性のうつというのが...

カラダノートひろば

秋の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る