カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 9月に入ってから体調を壊してないですか?9月病撃退は生活習慣の改善が鍵!

メンタル

9月に入ってから体調を壊してないですか?9月病撃退は生活習慣の改善が鍵!

睡眠

残暑の季節に身体的・精神的な疲れが溜まりすぎたり、過度のプレッシャーなどで抑うつ症状がでてしまう9月病。夏休みで休んでいたり、夏の疲れが取れないまま蓄積している時には注意が必要です。ちょっといつもと違うなと自分で気がついたら、生活習慣を見なおしてみましょう。

 

良質な睡眠をとる

寝る前にパソコンやスマートフォンを見ていませんか?ディスプレイに使用されているブルーライトによって、脳がなかなか休むモードになれません。結果的に良質な睡眠を取ることができないため、疲労が取れないままとなってしまいます。できれば2時間前、少なくとも1時間前にはパソコンやスマートフォンを見ることをやめるのが理想的です。どうしてもやめられない場合は、ディスプレイの明るさを調節したり、ブルーライトカットできるようなメガネやフィルム、アプリを使用することも有効です。

 

睡眠時間を確保する

休みの日はついつい夜更かしをして、睡眠時間を削って遊んでしまうことも多いのではないでしょうか?休日もしっかりと睡眠を取ることが大切です。睡眠時間が短くなりがちな人は、「寝溜めする」くらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

 

体を温める

夏は外気の高温と、冷房が効いた室内の温度差によって、体のバランスが崩れやすくなっています。残暑の時期は、日によって、または朝夕で気温差が大きくなり、さらにバランスを崩しやすくなります。シャワーだけで入浴を済ませずに、ゆっくりと湯船に使ったり、ハーブティーやスープなどの温かい飲み物を飲んだり、生野菜ではなく温野菜を食べたりなど体を温めましょう

 

日頃のちょっとした事を改善するだけで、体も心も元気になります。生活習慣を振り返って、自分自身をいたわりましょう。

 

 

(Photo by://pixabay.com/ja/%E7%9D%A1%E7%9C%A0-%E7%9C%A0%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99-%E6%AE%8B%E3%82%8A%E3%81%AE%E9%83%A8%E5%88%86-%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%BF-%E6%98%BC%E5%AF%9D-%E9%BB%92%E3%81%A8%E7%99%BD-%E5%A7%89%E5%A6%B9-264475/

著者: amママさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

秋に関する記事

食欲の秋…でもその食べ方は大丈夫?その食欲の衝動の原因は、過食症やうつ病かも…

秋になって、炭水化物や甘いものが無性に食べたくなる、という衝動に駆られていない...

この時期にやる気がでない、憂うつな気分…9月病のチェックポイント!

   5月病と言うのはよく聞くと思われますが、『9月病』って聞いたことがあります...


寝る前の一工夫で9月病を吹き飛ばせ!ストレス解消&リラックス法

   最近増えている9月病。夏休みが終わった残暑の頃に、抑うつ症状が出るのが特...

9月病に注意!「夏休み明けはバリバリがんばるぞ」は危険かも…

9月病とは、元々はヨーロッパなど長い夏休みであるバカンスが終わった後になかなか...

カラダノートひろば

秋の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る