カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 症状 >
  6. PMSの症状とは?PMSによる食欲増進…我慢は少しだけでOK!

女性のカラダの悩み

PMSの症状とは?PMSによる食欲増進…我慢は少しだけでOK!

生理前になると、体や精神的な部分に変化を感じる女性も多いかと思います。

食欲が増して困っている人もいるかもしれません。

 

ここでは、PMS(月経前症候群)の身体的・精神的症状と、食欲の増加について見ていきましょう!

 

PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)とは、生理の1~2週間前くらいから起こる身体的・精神的な複数の症状をいいます。

例えば、イライラする・気分の落ち込みもPMSの症状の一つです。

このような気分的な症状に限らず、体にも異変を感じることが多いです。

 

生理前の不快な症状によって、日常生活を送るのがつらかったり、いつ症状が始まるのかと不安な女性もいます。

女性特有の悩みなので、周囲に相談しづらいと感じている人も少なくありません。

 

決して病気ではないので、正しい知識と対処法を身に付ければ、症状はきっと改善されていきますよ。

 

PMS(月経前症候群)の身体的症状

「こんな症状に悩んでるけど、これは生理前と関係あるの?」という疑問をお持ちの方も多いはず。

PMSによる身体的症状には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

・下腹部の痛み

・下腹部の張り

・胸の張り

・胸、乳首の痛みや痒み

・頭痛

・腰痛

・不眠

・異常な眠気

・食欲増進

・体重の増加、むくみ

・にきびや吹き出物

 

これらはPMSの身体的症状で特に多いものです。

食欲増進やにきび・吹き出物などは、世間一般的に生理前に起こりやすいものとして知られています。

 

これらの症状が複合的に現れる方も多いかもしれません。

体の不調は、気持ちまで左右してしまいます。

自分に合った改善方法を見つけていきましょう。

 

PMS(月経前症候群)による食欲

PMSの症状として、食欲の増加に悩んでいる方も多いかと思います。

生理前はどうしても食に関する変化が出やすいですが、その程度もやはり個人差があります。

 

・脂っこいものばかり食べたくなる

・甘いものばかり食べたくなる

・味付けが濃いものを食べたくなる

・満腹なのに何か口にしていたい

・何かを食べることで精神的症状を紛らわしてしまう

 

食欲が増すというだけでなく、このように食べるものに対してのこだわりや、嗜好が変わったりもします。

 

PMS(月経前症候群)による食欲への対処法

太ってしまうのでは?という不安から、自分の食べたい欲求を少しでも抑えなくてはと感じますよね。

 

しかし、欲求を抑えようとすることでもさらにストレスとなります。

いつもと同じ食生活をするために、欲求を全て我慢する必要はありません。

 

とにかくたくさん食べたい人は、食べるものを低カロリー食材にして総合的なカロリー摂取を抑えましょう。

また、甘いものが食べたい人も同様、甘いものでもカロリーの低くて脂分の少ないものにするとよいでしょう。

 

どうしても脂っこいジャンキーなものが食べたい人は、1日のトータル摂取カロリーで考えて、他の食事を質素にしましょう。

 

また、食べたものは意外にもすぐに脂肪となるわけではありません。

食べてから2週間くらいの猶予があり、その間に食事を調整したり運動したりすれば大丈夫です。

次の日すぐに体重に表れるように感じるのは、単に食べたものの重さや便の重さでしょう。

 

すべてをガマンするのは無理 

ちょっと工夫して我慢の値を減らしてみましょう。

これでも、素直に食べたい欲求に従うよりは辛いかもしれませんが、全てを我慢するのはまず無理です。

自分に厳しくしすぎず、ストレスを和らげてあげましょう。

 

PMS(月経前症候群)の精神的症状

生理前はわけもなくイライラしたり、気分が落ち込んで情緒不安定になる。

それは、もしかしたらPMSかもしれません。

 

生理前の悩みに、気分の落ち込み・イラつきなどが多いことは皆さんご存知だと思います。

PMSの精神的症状は、主に以下の通りです。

 

・イライラする

・気分が憂鬱になる

・緊張しやすい

・やる気が出ない

・わけもなく悲しい

・涙もろくなる

・異性に攻撃的になる

・パニックを起こす

 

これらは全てPMSの精神的症状です。

ところが「うつ状態」の症状ともかなり似ています。

自分はうつの傾向にあるのでは、と勘違いしてしまう人は少なくありません。

 

PMS(月経前症候群)の症状は人によってちがう

PMSの症状は、非常に個人差の大きいものです。

なかには精神的症状がつらく、仕事・家事などの自分のやるべきことが出来なくなったり、攻撃的になってしまい人間関係に影響が出てしまうケースもあります。

自分の意思ではコントロールできないところが問題です。

 

周囲の理解を得にくいので、自分ひとりで抱え込みやすい問題でもあります。

少しでも症状が改善されるよう、治療していきましょう。

 

(Photo by //pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/29/12/12/baby-18937_640.jpg)

著者: かのんさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

生理前の腹痛と妊娠した場合の腹痛は見分けづらいのが特徴です!

生理前に、下腹部の違和感と同時に鈍い痛みを感じる方がいます。 それは、生理...

こんなにあった!PMSの身体的症状

PMSによる身体的症状はどのようなものがあるのでしょうか。 「こんな症状に...


PMSとPMDDの症状を比較!同じような症状でも、程度がこんなに違うんです!

「生理前にイライラする」と文字にすると、誰にでも起こるような症状に聞こえます。...

精神症状が重いPMDD…あなたは当てはまる?PMDD症状リストでチェック!

月経前になにかの症状が出る女性は多いようです。その割合は約80%と言われていま...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る