カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. その他 >
  5. 目元がピクピクけいれんする!…これって病気?違う?こんな症状が見られたら注意!

気になる病気・症状

目元がピクピクけいれんする!…これって病気?違う?こんな症状が見られたら注意!

顔というのは色々な種類の筋肉によって構成され、細かい表情を作り出すことができています。

これらの筋肉は自分の意思で、脳の指令によって動かしているものですが、これらが勝手に動いてしまうということがあります。

 

目元がピクピク動いた!これって病気?

筋肉が疲れたときに、けいれんするようにピクピクと軽く動くことがあります。

つまり、目を長時間使うような、目の周りの筋肉が疲れるようなことをした場合には、目の周りの筋肉がピクピク動いたりします。

 

ただ、こうした目の周りのけいれんは、目の周りの筋肉が疲れたからであって、病気とは言えません。

ですが、この目の周りの筋肉のけいれんが、病気の初期症状という場合もあります。どんな場合に病気が疑われるのでしょうか。

 

☐特定の場面でけいれんが起こる

目元のけいれんは精神症状にも左右されることが多いです。緊張する場面でけいれんが増加したり、話している場面、笑っているとき、食べているときに起こることもあります。

 

☐目を休めても回復しない

筋肉の疲労からくるならば、目の周りの筋肉を休めれば治まります。ですが、病気が原因の場合筋肉を休めても、症状が改善していくことはありません。

 

☐時間の経過と共に悪化する

もし、睡眠を十分にとり、生活習慣を正しくしているのに、症状が回復しない、あるいは悪化していく場合には、病気の可能性が高いです。

 

症状が悪化するというのは、

・けいれんが強くなる

・けいれんの頻度が増す

・けいれんの範囲が広がる

・目元のけいれんによって生活に支障が出る

 

といった症状に移行していくといったものです。

 

上記のような症状が見られた場合には、「ただの目のけいれん」ではありません。

眼瞼けいれんや、片側顔面けいれんが原因でけいれんが生じていて、適切な治療が必要とされることもありますので、適切に判断し、病院で診てもらいましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

現在は治療が出来る網膜剥離!網膜剥離の検査方法とその際の注意点

網膜剥離は昔は治療できない病気でしたが、現在は治療できます。このため、網膜剥離...

パソコンやスマートフォンの使い過ぎに要注意!VDT症候群とその症状とは

パソコンやスマートフォンの普及により暮らしが便利になる一方、さまざまな健康被...


作業環境を整えて、VDT症候群を予防する!目、身体、心に負担がかかり支障をきたすVDT症候群

ディスプレイやキーボードなどの機器を用いた作業を長時間行うことにより、目、身体、...

色素がレンズに内包されていることが重要?!カラーコンタクトレンズの選び方

ソフトコンタクトレンズは、ハードコンタクトレンズに比べ水分を多く保持するため軟...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る