カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 多剤耐性菌 >
  5. 抗生物質で治療できない菌がある!?「間違った服用」が生み出す薬剤耐性菌の怖さとは?

気になる病気・症状

抗生物質で治療できない菌がある!?「間違った服用」が生み出す薬剤耐性菌の怖さとは?

スーパー耐性菌や、新型耐性菌という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

細菌感染に対して、有効な治療法としてあるのが抗生物質です。こうした抗生物質に登場によって一時期には、感染症を終わったとも言われたのですが、スーパー耐性菌、新型耐性菌の登場によって、そうも言っていられなくなってきました。

 

薬剤耐性菌を生み出す、「間違った服用」

スーパー耐性菌というのは、色々な種類の抗生物質の効果を得られなくなる菌のことです。こういった突然変異のような菌は、自分には関係のないことのように思うかもしれません。

 

しかし、こうした薬への耐性をもった、薬剤耐性菌は誰の体の中でも起こる可能性があります。その一番の原因は、抗生物質の不適切な服用です。

 

特に指示通りに抗生物質を飲まず、途中でやめたり、量を減らしたりした場合、完全に菌を駆除できません。その時に生まれ出てくる可能性があるのが、薬剤耐性菌なのです。

 

薬剤耐性菌にはどんなものがある?

すでに薬剤耐性菌として生まれ、流行している菌もあります。

・MRSA

・VRE

・緑膿菌

・肺炎球菌

・インフルエンザ菌

・結核菌

・サルモネラ菌

・大腸菌

・カンピロバクター

などいろいろな菌が見つかっています。意外によく知っている菌にも薬剤耐性菌があるです。

中でもスーパー耐性菌として知られているのが、多剤耐性アシネトバクターや、NDM-1産生菌といった病原菌で、有効な抗菌剤がほとんどないとされています。

 

スーパー耐性菌が怖い病原菌ということではない

「生物物質が効かない」「治療が困難」と書くと、怖い病気と言う印象があると思います。ですが、多剤耐性アシネトバクターや、NDM-1産生菌といったスーパー耐性菌は病原性の弱い菌です。

そのため、健康な人であれば体内に入ってきても自然に排除されてしまい、悪さをすることはありません。

 

怖い病原菌ではないと言っても、免疫力が落ちている人の場合は、感染の危険性があります。そのため、病院内などでの集団感染といった例はいくつかあります。

有効な抗生剤が少ないため、時には重大な症状になることもありますので、油断をすることはできません。 

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

多剤耐性菌に関する記事

抗生物質を飲んで強い菌ができちゃう!?○○な薬の飲み方は、死をまねく危険な飲み方だった!

薬箱の中に、去年処方してもらった抗生物質の残りはないでしょうか。感染症が流行す...

MRSA、VRSA、NDM1…etc*様々な種類の薬剤耐性菌

多剤耐性菌とひとまとめに言いますが、じつにさまざまな病原菌で、薬剤耐性菌が出...


『MRSA-多剤耐性菌』*身近な菌に気をつけよう!

  MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)は、近年ニュースなどでよく耳に...

薬が効かない耐性菌が増えている?感染予防に抑えておきたい細菌事情

  最近ニュースでも院内感染や多剤耐性菌という言葉をよく耳にします。 こ...

カラダノートひろば

多剤耐性菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る