カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 基礎知識 >
  5. 風邪薬でアナフィラキシーが起こるって本当?気づいていないだけで、初期症状はすでに出てるかも

気になる病気・症状

風邪薬でアナフィラキシーが起こるって本当?気づいていないだけで、初期症状はすでに出てるかも

風邪を引いて家で養生しているときの、突然の症状悪化、と言ったらどんな原因を考えるでしょうか。風邪が悪化して他の病気を引き起こしたと考えるのではないでしょうか。

もちろんその可能性もありますし、風邪と思っていたのが本当は別の疾患だったという可能性もあります。ですが、薬が原因という可能性もあります。

 

風邪薬でアナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックというのは、聞いたことがある人も多いと思います。アレルギー反応の非常に過剰なもので、劇症型のアレルギー反応とも言われます。体の防御システムである、免疫細胞の暴走と言ってもいいかもしれません。

 

このアナフィラキシーショックは、風邪薬を原因にしても起こります。これは市販の風邪薬でも起こりますし、処方された風邪薬でも起こります。

 

アナフィラキシーの信号に気づけるか?

アナフィラキシーショックというと、いきなり呼吸困難に陥り、病院に運ばれるような印象もあるかと思います。

ですが、アナフィラキシーショックというのは、段階的に症状が見られていることがあります。

 

もし、いつも飲んでいる風邪薬を服用した後に、蕁麻疹のようなものが見られたら、原因は何だと思うでしょうか。そしてその蕁麻疹が数時間で消えてしまい、それ以外何も起こらなかったら、蕁麻疹をどう判断するでしょう。

 

段階的に症状が出てくるアナフィラキシー

いつも飲んでいる風邪薬を服用し、ちょっとしたアレルギー症状が出るとします。

それが最初の信号です。この信号を放っておいてしまい、次に薬を服用したときに大きな症状が出てしまうのです。

 

説明書はきちんと読んでいますか?

アナフィラキシーショックが起こる可能性がある薬の場合、説明書にはきちんとその危険性を表記しています。

 

【服用後すぐに蕁麻疹が現れた場合は、服用をすぐに中止してください。】といったようなことが書いてあるはずです。

いくら薬の使い方を守っているからと言っても、こうした点を見逃していては、いざというときに重大な症状を引き起こしてしまうかもしれません。

 

アナフィラキシーショックが出たときに近くに人がいれば、救急車などを呼んでもらえるかもしれません。ですが自分ひとりでいるときに、風邪薬を服用し、こうした症状が出た場合、そのまま意識がなくなってしまうこともあります。

ですから、決して最初の信号を見逃してはいけないのです。

 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

薬を飲んで病気が治った?勘違いで服薬をやめると、症状が悪化するかもしれません!

病院に行って処方された薬は、用法や用量を守って飲んでいるでしょうか。 自分...

冬の感染症はこんな食材に注意!ノロウイルスによる感染症を防ぐ

  夏の時期にはその高温多湿の気候から細菌が繁殖しやすく、冬の時期は乾燥して寒...


感染経路が食品だけとは限らない!腸管出血性大腸菌の感染は「動物から直接」もある!?

  「O157」というと、夏に注意するべき感染症というイメージがあると思います。...

気道に菌が住みつく?免疫機能の衰えにも関連する慢性気道感染とは

  慢性感染症とは急性感染症の対となる言葉です。慢性感染症とはその名称の通り、...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る