カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 全般 >
  4. 種類 >
  5. アトピー性皮膚炎や口腔アレルギー症候群など…アレルギーの種類

アレルギー

アトピー性皮膚炎や口腔アレルギー症候群など…アレルギーの種類

images%20(5).jpg

■アトピー性皮膚炎


痒みのある湿疹や皮膚炎が悪くなったり、良くなったりする慢性のアレルギーの病気。
食物やダニなどが原因で、ストレスなど悪化する。赤い湿疹、盛り上がった湿疹などが全身に見られ、特に関節部分や顔、首に多い。

■じんましん


蚊にかまれたような盛り上がった赤い湿疹が出て、24時間以内に消え、別の部分に出たりする病気

■口腔アレルギー症候群


主に口やのどが腫れるアレルギーの病気。花粉症との関連も言われている

■アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・花粉症


アレルギーによって、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻の症状と目のかゆみ、眼脂(がんし:めやに)などの目の症状が出ます。花粉症ではスギ花粉症が代表的です。

■喘息・気管支喘息


気管支がダニやホコリなどで狭くなってしまうアレルギーの病気。咳がひどく、息苦しくなります。喘息の中には、運動誘発喘息があり、名前の通り、マラソンなどの運動をすることによって喘息発作が出る病気です。

■食物アレルギー


原因となる食材を食べることで、じんましんや喘鳴、下痢などのアレルギー症状が出る病気です。

■アナフィラキシー・食物依存性運動誘発アナフィラキシー


アレルギーの中で、重症な病気です。じんましん等の皮膚症状や、喘息・呼吸困難等の呼吸器症状、めまい、意識障害等の神経症状、血圧低下等のショック症状が、2つ以上存在している場合を言います。特に、血圧が低下し、ショック症状になることを「アナフィラキシーショック」と呼び、命にも関わる一刻を争うショック症状なのです。

■薬物アレルギー


「薬物アレルギー」とは、薬を使用したときに、様々なアレルギー反応を起こす病気です。薬物は、内服、外用、静脈注射、点滴、筋肉注射、皮下注射といった形で体に投与されます。アレルギーがあると、本来の薬物の作用とは無関係な反応を起こしてしまいます。

著者: 王騎さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

種類に関する記事

アレルギーの原因となるカビの種類と特徴

  ジメジメした日の当たらないところに生えやすいカビ。特にお風呂場などは油...

アレルギー性紫斑病とは

アレルギー性紫斑病とはアレルギー反応によって紫色のあざのような斑点が出来てしまう...


誰にでも発症する可能性がある!?カビによるアレルギー「夏型過敏性肺炎」とは

    有益なものもあるカビですが、体に害となるものも多くあります。カビが体...

アレルギーの素「吸入性・刺咬性・食餌性・薬剤性のアレルゲン」

アレルギー症状の原因となっているアレルゲンは、大きく一般的アレルゲンと職業性アレ...

カラダノートひろば

種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る