カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 風邪 >
  4. 市販の「風邪薬を飲んで死亡」することがある!?他人ごとではない、風邪薬の怖いヒミツ

気になる病気・症状

市販の「風邪薬を飲んで死亡」することがある!?他人ごとではない、風邪薬の怖いヒミツ

薬は正しく飲んでいるからといって、絶対に副作用が起こらないわけではありません。薬の乱用につながるような、用法用量を守らない服用の仕方をするのは、当然ながら薬の危険な副作用をまねきやすいです。

ですが、きちんと服用していても、副作用が起こる可能性があるというのは、なぜなのでしょうか。

 

市販の風邪薬に注意!

風邪を引いた時、市販の風邪薬を気軽に飲んでいないでしょうか。

市販薬は病院に行かずとも、手軽に服用することができるところが利点のひとつです。

ただ、医師に処方された薬ではないけれども、飲む量や、飲む回数、飲み方を守っているからと言って、安心していてはいけません。こうした市販の風邪薬の服用で、重篤な病気を発症することがあるのです。

 

風邪薬を飲んで皮膚がはがれる!?

人の体の中に入るものというのは、時として体に拒絶反応を起こされます。

花粉や、ハウスダスト、食物と書くと連想されるかもしれませんが、免疫細胞による過剰反応、つまりアレルギーが、風邪薬でも起こる可能性があります。薬を異物として判断してしまい、反応してしまうのです。

 

アレルギー反応というと、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどが思い浮かぶと思いますが、そういった軽い症状で済まない場合もあります。

ときには以下のような症状が見られることもあります。

 

・高熱

・全身の発赤、紅班、水疱

・皮膚の剥離、びらん(ただれ)

・表皮細胞の全層性壊死変化

・出血などの粘膜病変

 

こうした症状が出るのは、スティーブンス・ジョンソン症候群や、ライエル症候群といった病気で見られる症状です。

 

スティーブ・ジョンソン症候群というのは皮膚障害のひとつであり、風邪薬などの医薬品を服用することで起こることがある病気です。

 

またライエル症候群というのは、こうした皮膚障害の中で最も重篤とされる病気で、全身に皮膚の剥離、ただれ、壊死などが起こります。

 

これらの症状が出たときには、時には死亡することもありますし、障害が残ることもあります。

いずれの皮膚障害も、発症のメカニズムははっきりとしていませんが、薬剤を服用したことに対する反応として見られることが多いのだそうです。

 

アレルギーを持つ人の方がなりやすいってこと?

薬へのアレルギー反応で起こるということは、アレルギー体質の人の方が発症しやすいと思いかもしれません。

確かに、アレルギー反応のようなものと書きましが、厳密にはそのメカニズムは分かっていません。というよりも、花粉症で起こるアレルギー反応のメカニズムとは、別のメカニズムで起こっているとされています。

 

そのため花粉症などを持っているから、上記の病気を引き起こしやすいということも言えません。言い換えれば、誰にでも可能性があるということです。

 

医師にかかっていないで使用する薬だからこそ、何か体に異変が起こった時には、薬の副作用という選択肢を頭の中に浮かべなければいけません。まずは、こうした可能性を知ることが非常に重要です。

 

(Photo by:pixabay ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

風邪に関する記事

乾燥には注意!せん毛運動を低下させないためにできる工夫

  風邪を引いたとき、喉の中では普段免疫のために働いているせん毛の多くが死んでい...

夏風邪は普通の風邪とは違う?夏風邪の特徴とは?急激な温度変化に要注意!

夏に良く聞く病気、「夏風邪」ですが医学的にはこのような病名はありません。 では...


乾燥や風邪の引き始めのせいで痛む喉、痛み対策のツボを覚えよう!

  周囲の乾燥で喉が痛む場合、風邪の引き始めで喉が痛む場合などには喉の痛み対策の...

防寒対策に『遠赤外線』仕様の製品が効果的!そのメカニズムは?

  省エネ対策にぴったりの『遠赤外線』 そのメカニズムは以外と知られていない?...

カラダノートひろば

風邪の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る