カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. 基礎知識 >
  5. やってしまいがちな、抗生物質の3つの使い方 その飲み方が病気の発症につながるかも…!?

気になる病気・症状

やってしまいがちな、抗生物質の3つの使い方 その飲み方が病気の発症につながるかも…!?

抗生物質というのは、どんな病気の時に使われる薬でしょうか?抗生物質は抗菌薬とも言います。

つまり、「菌」が原因で起こっている病気に対して、使用するのが抗生物質ということです。この抗生物質を、間違った方法で使用している人というのは、多くいるようです。

 

やってはいけない!抗生物質の間違った飲み方

薬の種類は色々とありますが、ここでは抗生物質だけに焦点を置いて、間違った飲み方を述べていきます。

 

・症状が軽くなったから、全部飲み切らないで途中で服用をやめた

抗生物質というのは、病気の原因となっている菌を殺す作用をします。注意したいのは、症状が軽くなったからといって菌が全ていなくなったということではない、ということです。

抗生物質によって数日で菌は少なくなるかもしれません。

ですが、確実に菌を0にするためには、症状がなくなってからも飲み続ける必要があります。

途中で飲むのをやめると、症状がぶり返したり、抗生物質に強い菌があらわれるなど、新たな問題につながる可能性があります。それが別の病気の発症につながることも、十分にあるのです。

 

・症状が軽くなったから、薬の量を減らす、飲む回数を減らす

抗生物質を使う治療では、上記に書いた抗生物質に強い菌があらわれる前に、一気に病気の原因菌を殺すことが重要です。ですが、自己判断で薬の量を減らすなどしてしまうと、菌が中途半端に生き残ってしまい、上記を同じ問題が残ります。

 

・余った抗生物質を適当に飲む

薬箱の中に、去年病院でもらった抗生物質などが入っていないでしょうか。

抗生物質は菌に効くという知識を持っていると、「感染症にかかったから抗生物質を飲めばいいか」と思ってしまい、余った抗生物質を服用してしまうことがあります。

ですが、抗生物質にもいろいろと種類があり、細菌によって効果を発揮する抗生物質は違います。ですから、以前処方された抗生物質が次も効くとは限りませんし、そもそもかかった病気が菌によるものだとは限りません。

さらに、薬にも使用期限がありますから、余った薬を適当にとっておくということ自体、いいことではありません。

 

もちろん、大前提の飲み方として大事なのが、指定された飲み方や飲む量を守るということです。

自分の判断で飲み方を変えてしまうと、文中にあるように薬に耐性を持つ菌が生まれてしまう可能性もあります。その菌が他の人に感染すれば、もう自分だけの問題ではなくなりますから、十分に注意してください。 

(Photo by:pixabay )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

感染経路が食品だけとは限らない!腸管出血性大腸菌の感染は「動物から直接」もある!?

  「O157」というと、夏に注意するべき感染症というイメージがあると思います。...

溶連菌感染症の簡易診断基準『センタースコア』とは?

溶連菌(A群溶血性レンサ球菌)は、咽頭の感染症の中でも唯一抗生物質の治療が推奨...


腸管出血性大腸菌に感染した場合の治療法は?

  腸管出血性大腸菌に感染すると下痢や腹痛に悩まされ、脳症などの後遺症を残す結...

冬の感染症はこんな食材に注意!ノロウイルスによる感染症を防ぐ

  夏の時期にはその高温多湿の気候から細菌が繁殖しやすく、冬の時期は乾燥して寒...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る