カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 刺された・噛まれた >
  5. 「背中に赤い模様」のクモにご注意!生活圏にしのびよる、セアカゴケグモの危険な毒

気になる病気・症状

「背中に赤い模様」のクモにご注意!生活圏にしのびよる、セアカゴケグモの危険な毒

 

日本にいると、なかなか毒グモへの危機感は少ないと思います。ですが日本でも、人の生活圏で毒グモが見られることは、しばしばあります。

 

生活圏に忍び寄る毒グモ「セアカゴケグモ」

セアカゴケグモというのは、オーストラリア原産のクモで、特定外来種に指定される生物です。

今まで各地で見られており、最近では、2014年9月に、鳥取県の高速道とのパーキングエリアで94匹のセアカゴケグモが見つかり、駆除されています。

 

毒を持っているのはメス

セアカゴケグモは、オスの体長は約3mm、メスが12mmほどと、メスの方が大きいです。

また名前にある「セアカ」がメスの特徴で、腹部の背面中央に、砂時計のような形をした赤っぽい模様があります。そして毒を持つのもメスです。ただ、毒を持っていても攻撃性はあまりなく、基本的に大人しい性格です。ただ、偶然手が当たってしまうなどして咬まれるケースがあるため、注意が必要でもあります。

また、生命力が強いクモであるため、時間と共に生息する場所を拡大させる性質があります。原産地であるオーストラリアでは、庭や住居の中に入りこんでくることもしばしばあります。

 

セアカゴケグモの毒はどんな毒?

メスが持つ毒で、人に対して毒性を示すのは、神経毒です。

α-ラトロキシンという蛋白で、神経系全般に働く毒です。毒の作用によって神経端末の神経伝達物質がなくなってしまい、運動神経系、自律神経系が障害されます。

ただ、咬まれたからと言って大量の毒を注入されるとは限らず、ほとんどはクモの方がびっくりして少量の毒を注入するケースのようです。そのため治療が必要になるような状態になることはそこまで多くなく、治療を受けるような事態になったとしても、1週間程度で回復する場合が多いようです。

ただ、だから安心ということでもなく、まれに死に至ることもあります。特に基礎疾患を持っている方や、子ども、高齢者が咬まれた場合には、死に至るケースもあります。

 

 

セアカゴケグモが発生した場合、ニュースで取り上げられるなど、注意喚起がされます。そのため、注意喚起がされている場所に近い地域に行くときには、十分な注意の下、出かけるようにしてください。

 

(参考:大阪府「セアカゴケグモについて」

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

刺された・噛まれたに関する記事

クラゲに刺されたときの症状を知ろう!毒による症状からアレルギー反応症状まで

   クラゲは、そのフワフワと漂う様子からは想像できないくらい危険な生き物です。...

家の周辺から蚊を駆除して快適な夏を過ごそう!蚊を発生させない方法

   これからの季節、蚊に刺されたり、プーンという独特な音が気になって眠れなか...


クラゲだけじゃない?海にいる危険な生物、ウツボ・タコ…噛まれた・刺された場合の対処法

海には様々な生物が生息していますが、その中でも人間にとって危険な生物がたくさん...

二度と蜂の巣を作らせないために…蜂の巣を再建させないための3つの方法

蜂という生き物は、毎年・毎回同じ場所に巣を作ることで有名です。小さいうちに蜂の...

カラダノートひろば

刺された・噛まれたの関連カテゴリ

刺された・噛まれたの記事ランキング

人気体験談ランキング

気になる病気・症状のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る