カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. 男性の性病(STD) >
  5. 性病は性器だけが問題ではない!オーラルセックスも原因になる!中咽頭がんの危険性

男性のカラダの悩み

性病は性器だけが問題ではない!オーラルセックスも原因になる!中咽頭がんの危険性

  

性交渉と感染症というのは、ある意味で隣り合わせなものと言えます。中でも性交渉の経験がある女性の、半分以上が生涯に一度は経験するとされているのが、ヒトパピローマウイルスです。ごく一般的なウイルスですが、病気の発症との関係があり、若い女性に増えていることも手伝って、問題視されているウイルスです。

 

ヒトパピローマウイルス感染症

このウイルスに感染しても、ウイルスが自然に排出されることもあります。ただ、そのままウイルスがとどまることもあり、長い間排出されずにとどまることで、子宮頸がんの発生に関係すると考えられています。

他にも、肛門がん、膣がん、尖圭コンジローマなど、ヒトパピローマウイルスは多くの病気の発生に関わっていると考えられています。

 

オーラルセックスで中咽頭がんになる!?

口を大きく開けたとき、真っ直ぐに口の中を見るとちょうど見える、突き当りの場所が、中咽頭と言われる場所です。オーラルセックスによって、ヒトパピローマウイルスが口の中に移動し、がんの原因になると考えられています。

中咽頭がん自体は高齢者などにも多く見られるのですが、ヒトパピローマウイルスを原因とする中咽頭がんは、若い世代に多く見られる傾向があるようです。

 

特に注目される「扁平上皮がん」との関係

中咽頭も含む、頭頸部、つまり首から上の、のど周辺、口の中、鼻の穴の中などの粘膜といった場所があります。これらの場所で生じる、扁平上皮がんが、ヒトパピローマウイルスの感染によって増えるという研究結果があります。

扁平上皮がんとは、表皮、真皮、皮下組織といった層をなす皮膚のうち、表皮にできるがんのことです。

この首から上の場所で、表皮にできるがんが、特定の種類のヒトパピローマウイルスによって、発生の確率が高くなるという結果が出ています。

関係しているとされるヒトパピローマウイルスは、16、18、33、52というタイプです。

 

 

今まで口の中などのがんの要因は、喫煙や多飲酒などが大きいとされていました。そんな中、ヒトパピローマウイルスという要因は第三のリスク要因として、注目されつつあるということです。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性の性病(STD)に関する記事

妊娠中のパートナーのコンジローマ治療と心のケア

性感染症というのは性行為がある時点でいつかかるかわからない病気です。究極の予防...

男性コンジローマ再発を引き起こす原因と対策

コンジローマはヒトパピローマウイルスによって引き起こされる性感染症のひとつで...


コンジローマ完治までの期間にOKなこと、NGなこと

男性がコンジローマにかかった場合の治療期間は人によって違いがあるものの1-2...

意外と知らない!?クラミジアの潜伏期間と症状

  性病の代表選手ともいえるクラミジアですが、案外知らないという方も多いかもし...

カラダノートひろば

男性の性病(STD)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る