カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 病気(男性特有) >
  4. 男性の性病(STD) >
  5. そのオーラルセックスは危険?!オーラルセックスでぐんと上昇するがんの可能性

男性のカラダの悩み

そのオーラルセックスは危険?!オーラルセックスでぐんと上昇するがんの可能性

  

ヒトパピローマウイルスは、従来は男性のがんの要因にはならないと考えられていました。しかし、近年このウイルスの研究が進むにつれて、このウイルスが男性にもがんを発症させる可能性があることが分かってきました。

 

ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因だけじゃない!

そもそもヒトパピローマウイルスというのは、特に珍しいウイルスではなく、多くの人が保有することがあるものとされています。ですが、そのウイルスが排出されずに、長期間保有されていると、女性の子宮頸がんの原因になるということは、だいぶ前から知られていました。

そして、このヒトパピローマウイルスが、口や喉、鼻の粘膜において、がんを生じる原因になるということが、注目されています。

 

オーラルセックスによってがんの可能性が増す!?

2007年にアメリカで行われた、オーラルセックスと喉頭がんの関係における研究の内容をご紹介します。

 

・生涯で6人以上のパートナーとオーラルセックスをした場合、喉頭がんの罹患率が3.4%上昇する

・生涯で26人以上のパートナーと性器でのセックスをした場合、喉頭がんの罹患率が3.1%上昇する

・より多くの人とオーラルセックスをすることで、喉頭がんのリスクが少しずつ上昇する

 

オーラルセックスをすることにより、女性の性器に生息しているウイルスが、男性の喉へと移動して、がんを発症させる原因になると考えられます。

この研究では、喉に生じるがんとの関係が調べられています。ですが、近年発表されている研究では、頭頸部という言葉でくくられる首から上の粘膜でのがんの発生に、ヒトパピローマウイルスが関係していると報告されています。

報告されている発がんに関係するウイルスは4つのタイプのみですが、決して珍しい種類というわけではありませんので、十分な注意が必要です。

 

感染の予防はパートナーと共に!

男女のうち、どちらかが感染していた場合、どちらか一方のウイルスを排除しても、感染し合わせるかのように、根絶させるのが難しいです。そのため予防や排除のためには、男女双方の努力が必要になります。

オーラルセックスの際にコンドームは使用しているでしょうか?日本においてコンドームの使用というのは、避妊という目的だけで考えられがちです。ですが実際には、性感染症の予防という意味もあります。

オーラルセックスにおいてコンドームを使用している日本人は、2割ほどにとどまるとも言われています。今一度、オーラルセックスと性感染症の危険性について、考えてみて下さい。

 

 

口の中にできるがんというのは、日常生活において大きな支障になります。今すぐ発症しなくても、年齢を重ねたときに発症するかもしれず、そのときに摂食や会話の支障になる可能性があるのです。

 

 

(参考:MNT「Can Oral Sex Cause Throat Cancer?」)

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性の性病(STD)に関する記事

性感染症であるAIDSの危険性を理解しよう

  あの有名な後天性免疫不全症候群、すなわちAIDSは、今や世界中で認知さ...

男性のコンジローマ完治の判断が難しい理由とは?

  性器にいぼが出来る病気であるコンジローマは感染率の高い病気でもあります。コ...


無症状の場合も!性器クラミジア感染症による症状

  性器クラミジア感染症という性感染症は、成人であれば誰もが耳にし、憶えて...

コンジローマ完治までの期間にOKなこと、NGなこと

男性がコンジローマにかかった場合の治療期間は人によって違いがあるものの1-2...

カラダノートひろば

男性の性病(STD)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る