カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. デング熱 >
  5. 気になる!デング熱に感染した蚊がペットを刺したらどうなるの?ペットも感染する!?

気になる病気・症状

気になる!デング熱に感染した蚊がペットを刺したらどうなるの?ペットも感染する!?

  

蚊を媒体とするデング熱は、蚊が人を刺すところばかりが注目されます。ウイルスを保有して症状が出ていない人であっても、感染を拡大させる、ウイルス保有者になり得るということも言われています。ですが、蚊にさされるのは人だけではないですよね。

 

ペットはデング熱にかかる!?

そもそもデングウイルスを持っている蚊に、ペットが刺されたら、そのペットはデング熱を発症するのでしょうか。

結論から言えば、イヌやネコといった動物がデングウイルスを保有する蚊に刺されたとしても、症状は出ないということです。というよりも、今のところデング熱発症からの長い歴史の中で、イヌやネコがウイルスに感染して、デング熱を発症したという報告はありません。

 

では、ペットが人の感染の中で役割を負うことがあるのか?

デング熱の感染というのは、ヒトと、それに近いチンパンジーやテナガザルといった、霊長類での感染は確認されています。

これに対して、イヌやネコといった動物が、感染の中で何らかの役割を持つということは確認されていません。そのため、ヒトからペット、そしてそのペットからヒトというように、感染が拡大することはないと考えられます。

 

どうしてペットが感染に関係しないの?

デング熱に限定してということではありませんが、動物によって体温は違います。そしてウイルスによって、増殖しやすい温度というものがあります。

人とペットでは、平熱が違います。そのため、ヒトよりも高い体温であるペットの体の中では、ウイルスが増殖することができず、感染の仲介をするような役割は負えないのです。

 

 

長いデング熱の歴史から考えると、デング熱の感染対策は、ヒトと蚊の間で考えるべきものと言えます。ウイルスの変異などの可能性も入れてしまえば、完全にペットのウイルス保有の可能性がないとは言えませんが、それよりも、蚊の対策をする方が有益と考えられます。

  

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デング熱に関する記事

予防ワクチンがない?海外渡航者は要注意!近年増加傾向のデング熱とは

  デング熱は東南アジアや南アジア、中南米などの暑い地域で多く見られる感染症で...

国内でも感染者が発生!蚊が媒介?!デング熱・デング出血熱の症状とは

  暖かい地域で流行するデング熱は、ネッタイシマカやヒトスジシマカといった蚊を...


パニックにならないで!デング熱ウイルスに感染しても8割の人は無症状?!

2014年8月、海外に渡航歴がない人が都内の公園でデング熱ウイルスに感染したこ...

日本でも感染者増加中のデング熱!症状や予防法などまとめて解説!

厚生労働省はホームページで海外旅行者に対して気を付けるべき感染症を紹介してい...

カラダノートひろば

デング熱の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る