カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠の質 >
  4. ついやってしまう「あと5分…」はNG!スヌーズ機能が睡眠の質を低下させていた?!

不眠・睡眠障害

ついやってしまう「あと5分…」はNG!スヌーズ機能が睡眠の質を低下させていた?!

日頃の睡眠を十分と考えていない人は、できるだけ睡眠時間を増やそうと考えるのではないでしょうか。

朝起きても、睡眠時間を十分と感じていませんから、スッキリ起きることができずに、「あと5分だけ…」と目覚まし時計を止めていないでしょうか。

 

「あと5分だけ…」が眠りの質を下げている!

十分な睡眠時間を確保していて、睡眠の質も確保されているにもかかわらず、自ら睡眠の質を下げてしまう行動をとっていることがあります。

それが誰もがついやりがちな、「あと5分だけ…」の繰り返しです。

 

念のためと思って、ちょっと余裕を持って目覚まし時計をセットして置いたときに、どうしても「もうちょっと寝たい」の気持ちが勝ってしまって、「あと5分だけ…」と、結局ギリギリまで眠ってしまいます。

 

どうして「あと5分」がいけないの?

5分後になる目覚まし時計に甘えて、「あと5分」を繰り返すというのは、どういう睡眠をとっていることになるでしょうか。

 

1 浅い睡眠を繰り返しているということ

このときにしている睡眠というのは、レム睡眠という浅い睡眠です。

こうした浅い睡眠をすることでは、睡眠の目的である「体の回復」は望めません。レム睡眠というのは体のスイッチが切られているのに対して、脳が十分に休んでいない状態です。

レム睡眠のときには、自律神経が不安定になっていると言います。自律神経のバランスが崩れるということは、体の各部分の調整がうまくできなくなるということです。そのため、妙に疲れたような感覚になることもあると考えられます。

 

2 熟睡感が得られないことへの不満

あと5分寝は、より多くの睡眠をとるためにしていると思いますが、そういった寝方をしてスッキリと目覚められるかというと、そうではないと思います。

上記のように、あと5分の短い時間で得る睡眠は、浅い睡眠です。その睡眠で「良く寝た」と感じるのは難しいです。むしろ、そうした感覚を得られないために、何となく「もっと寝たかった」「ぐっすり寝たかった」といったような不満を抱えて起きることになってしまうのです。

 

寒くなれば一層のこと、どうしても「あと5分だけ…」はやってしまいがちです。けれどやはり、ダラダラと眠るのは、睡眠と覚醒のスイッチングを考えればよくないのです。1分でも長く眠ることではなく、質よく睡眠をとることを目標にしたいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠の質に関する記事

もしかしてこんなことしていませんか?睡眠の質を下げる3つの習慣を知ろう

  不眠症で眠れない、昼間の活動に影響がある方、実は睡眠の質を下げる習慣を行って...

ナポレオンやエジソンの睡眠時間は3~4時間?睡眠の質の大切さ

睡眠時間を削れば結果を出せる!? 「できる人ほど眠りが短い」なんとなくそう思っ...


不規則な生活に「5時間以下・9時間以上睡眠」が加わると、心血管リスクが50%以上増加する?

睡眠時に脳下垂体から分泌される「成長ホルモン」は、成長期に多く分泌され主に骨や筋...

アルファ波コントロールで質の良い睡眠をとろう!

長く寝たのに疲れているときもあれば、大して寝ていないのに頭がスッキリしていると...

カラダノートひろば

睡眠の質の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る