カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 沐浴 >
  5. 準備が大切!赤ちゃんの沐浴必需品&沐浴をするときのポイント

育児・子供の病気

準備が大切!赤ちゃんの沐浴必需品&沐浴をするときのポイント

沐浴

首が座っていない赤ちゃんをお風呂に入れるというのは、プレママ・プレパパにとっては心配事の一つではないでしょうか?

ですが、準備と手順さえしっかり確認しておけば、難しいことでもこわがることでもありません。

 

沐浴に必要なもの

・ベビーバス

浴室に置くことが可能であれば、プラスチック製のものや、空気を入れて膨らますタイプのものもあります。浴室が狭い、寒すぎて適さないなどの場合は、居間などの温かい場所で行うことを考えて選ぶか、洗面台などに設置するタイプを考慮するといいでしょう。

 

・温度計

夏場は38度、冬場は40度くらいの温度にします。ベビーバスの中に付いているものもあるので、確認してから購入しましょう。

 

・ベビーせっけん

泡タイプでポンプ式のもの、石鹸タイプのものがあります。

泡タイプのものは、泡立てる必要が無いため、時間を短縮することができますが、臀部や陰部などお湯に使っている部分を洗うときには泡がすぐになくなってしまうため、洗いにくいと感じる方もいます。

石鹸タイプは、片手で石鹸を持って手のひらで転がしたり、ガーゼに石鹸をとったりして泡立てるのが面倒ですが、お湯に入れた時に少しぬめりが残るので、臀部や陰部を洗いやすい印象です。

 

・ガーゼ

顔を拭く用と、体にかけて湯冷めを防止する用の2枚以上あるとより良いでしょう。体にかけておくガーゼが小さい場合は手ぬぐいや軽めのタオルでも大丈夫です。

 

・バスタオル

体を拭いてあげるために準備しておきます。拭くというよりは、赤ちゃんの体についた水分を吸い取るというイメージで皮膚をこすらないように拭いてあげます。

 

・ピッチャー

寒い時期などは途中でお湯が冷めてしまうことがあるので、少し熱めの43度程度のお湯をピッチャーなどに入れてそばに用意しておきます。

 

・着替え

あらかじめ肌着と衣類を合わせて袖を通し、おむつを開いて置いておきます。お風呂あがりは気持ちが良くなって、おかれた瞬間におしっこをしてしまう赤ちゃんも少なくありません。おむつまでしっかりと用意しておくことで、せっかく用意した衣類をおしっこで汚して赤ちゃんを裸のまま待たせる事がなくなります。

 

・綿棒

耳の水分をとってあげたり、鼻の掃除、おへその掃除をするときに使います。

 

その他、ベビーブラシは生まれてきた赤ちゃんの髪の量にもよるので、産後必要であれば購入という形でも良いでしょう。

 

(Photo by:足成り) 

著者: amママさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

沐浴に関する記事

抑えておこう!赤ちゃんの沐浴のポイントと注意点!

出産後、退院してから緊張することの一つが沐浴ですね。 約1ヶ月間の期間限定...

ここが知りたい!沐浴の実践ポイント~洗い方からお風呂あがりのケア~

沐浴の流れは大体わかるけれど、実際は何を気をつけて洗えばいいの?入浴後のケア...

沐浴の体験談

沐浴の時、一緒にお風呂に入る方法

子供の沐浴の時期ってありますよね はじめは子供が泣いたりとかして子供をお風呂に入れるだけで...

初めての沐浴

出産して入院している間、ひとつだけ心配なことがありました。 沐浴です。 病院にいる間は助...

カラダノートひろば

沐浴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る