カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. お風呂・スキンケア >
  4. 沐浴 >
  5. 抑えておこう!赤ちゃんの沐浴のポイントと注意点!

育児・子供の病気

抑えておこう!赤ちゃんの沐浴のポイントと注意点!

出産後、退院してから緊張することの一つが沐浴ですね。

約1ヶ月間の期間限定ですが、赤ちゃんはベビーバスを使った沐浴が必要になります。

 

沐浴の注意点や、中止の目安を知っておくと、初めての沐浴にも安心して望むことができるかもしれません。

 

沐浴前に準備しておこう

お湯の温度は37~40度

ぬるめの温度です。

ただし、ベビーバスは冷めやすいので、差し湯も準備するとスムーズにできます。

 

室温に注意

風呂場の換気扇を回すと、意外に寒くなります

換気扇は止めて、風呂場と着替えをさせる部屋の室温を温めておきましょう。

 

着替えをセットしてからスタート

カバーオール・肌着・オムツは開いた状態で重ねて準備しておきましょう。

赤ちゃんをタオルで拭いたら、すぐその上に乗せるだけで着替えができるようにしておくと簡単です。

 

授乳直後は避ける

食事直後の入浴がつらいように、赤ちゃんも授乳直後はおなかがいっぱいで吐いたりします。

眠そうな時も避けた方がいいでしょう。

 

いよいよ沐浴。何に気をつける?

入浴時間を決めておく

毎日の入浴は出来るだけ決まった時間にしましょう。

生活のリズムを整えることにつながります。

 

深夜でなければ、生活状況に合わせて時間は調整して問題ありません。

夜入れるのが難しければ、朝に入浴させても構いません。

 

室温は大丈夫?

室温は23度くらいが理想的と言われています。

浴室や脱衣所が寒ければ、あらかじめ温めておくか、ベビーバスを購入する時点で、洗面台や居間で沐浴をすることを考慮してもよいでしょう。

 

首をしっかり支えましょう

首を支えて、水が入らないように両手で耳をふさぐようにして抱っこしましょう。

 

洗い始めは目から、最後におしり

汚れをおとし、大切な場所に菌を移さないために、洗い始めは必ず目から。

次に顔、頭を洗い、順次下がっていき最後におしりを洗いましょう。

ガーゼなどでやさしく洗います。

 

手早く時間をかけない

赤ちゃんはのぼせやすいので、首下や脇など汚れがたまりやすい場所をよく洗う程度にとどめます。

また、まだ体力が弱いので、あまり長い時間入浴していると疲れすぎてしまいます。

5分を目安にして沐浴を済ませましょう

 

体を振ってお湯を切らない

お湯を切ろうとつい振りたくなりますがやってはいけません。

タオルドライしましょう。

 

赤ちゃんの肌はデリケート

原則として、沐浴は1日1回。

あせもやおしりかぶれが酷くて複数回洗う時も、石けんは1日1回におさえましょう。

 

沐浴をしない方がいい時は?

赤ちゃんに熱があるときは中止

新生児の平熱は、おおよそ36.7~37.5度です。

38度以上あるときは中止しましょう。

 

授乳直後、空腹の時は避ける

授乳直後だと、吐き戻してしまう可能性があります。

赤ちゃんの胃は、大人のように逆流しにくい形になっていません。

 

そのため、お湯につかって体が温まったり、うつ伏せにしたり、移動が多くなるなどすると、吐き戻すことがあるのです。

 

また、空腹時は機嫌が悪く、全身の水分が少ない状態にあります。

入浴するよりも、空腹を満たしてあげるほうが優先です。

 

機嫌が悪い時に入浴すると、お風呂=嫌なものというイメージになってしまいます。

入浴はとても体力を使うものです。

空腹の時は疲れすぎてしまう可能性もあるので避けましょう。

 

あまりに機嫌が悪い時などは避けても大丈夫

体の調子が悪くてぐずっていることもあります。

様子を見て避けましょう。

また、空腹のこともあります。

 

心地よい沐浴を

沐浴は、出産直後でママの身体も万全ではない期間のお世話です。

家族の協力をしてもらいながら、さっぱりきれいにしてあげましょう。

 

注意点を抑えながら、赤ちゃんを気持ちよくして、かわいい笑顔が見られるように心地よい沐浴を目指したいですね。

 

(Photo by:足成) 

著者: amママさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

沐浴に関する記事

慣れるまで意外と大変!沐浴のポイントまとめ

産後直後から約1ヶ月間の期間限定ですが、赤ちゃんはベビーバスを使った沐浴が必...

準備が大切!赤ちゃんの沐浴必需品&沐浴をするときのポイント

首が座っていない赤ちゃんをお風呂に入れるというのは、プレママ・プレパパにとって...

沐浴の体験談

沐浴の時、一緒にお風呂に入る方法

子供の沐浴の時期ってありますよね はじめは子供が泣いたりとかして子供をお風呂に入れるだけで...

初めての沐浴

出産して入院している間、ひとつだけ心配なことがありました。 沐浴です。 病院にいる間は助...

カラダノートひろば

沐浴の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る