カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 食べ順・食べ方 >
  6. 鍋に潜む、「ダイエットの落とし穴」知ってる?知らないと逆に体重が増えてしまうかも!

美容・ダイエット

鍋に潜む、「ダイエットの落とし穴」知ってる?知らないと逆に体重が増えてしまうかも!

鍋でダイエットは出来るでしょうか?

体を温めてくれて、たくさん野菜をとれ、肉の脂肪分が溶け出てしまう鍋は、何となくヘルシーで栄養バランスがいいように思われます。

 

鍋ダイエットの落とし穴

確かに、鍋は体を温めてくれますし、カサが減るので野菜をたくさん摂れます。こうして考えてみると、鍋を食べるのは体によく、ダイエットになりそうですよね。しかし、実はこの鍋ダイエットにも落とし穴があるのです。

 

鍋のこんな点が、体重の増加をまねいていた!

お鍋のときにやりがちな行動が、体重の増加につながっていることがあります。ちょっとした点に注意して、ダイエットを成功させましょう。

 

・シメに潜む危険

鍋のシメは何を食べるでしょうか。特にご飯を入れて雑炊にする場合、そこには危険がたくさんあります。

ご飯はそれ自体、カロリーがあります。お茶碗一杯分で160kcalありますから、そこでカロリーを稼いでしまうことがあるのです。

また雑炊にすると、スルスルと食べれらてしまうこともありますから注意しましょう。

 

また、スープ自体にも食材の油がたくさん浮いています。雑炊にしてしまうと、そのスープもすべて頂いてしまいますから、できるだけうどんなど、スープをすべて頂かないシメの形にした方がよいでしょう。

もし雑炊をするならば、浮いている油をすくい取ってからシメをつくる方がよいです。

 

・肉に潜む危険

鍋に使う肉には、脂分の多いものが多いです。これは当然と言えば当然なのですが、豚バラ肉や鶏の手羽先など、脂を多く含む肉からはおいしい脂の旨味が出ます。そのため、鍋がおいしくなるのです。

 

ですがダイエットを考えるなら、これらの肉は、脂の旨味を出す分だけの少量に抑えたり、脂の少ないロースやモモ肉を選択したりする方がよいでしょう。

また、ひき肉はその2割ほどが脂でできていることが多いので、肉団子も意外にカロリーが高いので注意しましょう。

 

鍋が体を温めたり、野菜をたくさん摂れたりすることは確かにダイエットをする上でよい点です。鍋でダイエットをしようと考えている方は、上記のような点に注意してダイエットを行いましょう。

 

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食べ順・食べ方に関する記事

食べ合わせでダイエット!

    今までの栄養学では、カロリーが一緒だったら何を食べても、どういう...

ダイエット中のパン選び!炭水化物だからといって我慢していませんか?

  ダイエットをしようと思った時に炭水化物は天敵なので控えようと思う人は多いは...


鍋ダイエットをするときの、鍋カスタマイズルール!これを守らなきゃダイエットになりません!

鍋を食べてダイエットするという方法があります。確かに、鍋はダイエットに向くか...

食べ方を変えて太らない食事を☆

  同じカロリーの食事でも、太る食事になるのか、痩せる食事になるのかは食...

カラダノートひろば

食べ順・食べ方の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る