カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊活 >
  4. 男性不妊 >
  5. おたふくも、喫煙も、下着も関係ない!?精子に影響する要因を覆す、意外な結果が明らかに!

妊娠・出産

おたふくも、喫煙も、下着も関係ない!?精子に影響する要因を覆す、意外な結果が明らかに!

精子の質を左右するとされているものはいくつかあります。

亜鉛不足は精子形成に影響があるともされていますし、活性酸素が多いのもよくないとされています。

 

基本的には規則正しく、ストレスのない生活を送っていることが、精子の質にも影響すると考えられています。

 

今まで悪い影響があるとされてきたもの

精子の質を落とす要因として、考えられていたものはいくつもあります。

 

・喫煙

喫煙は勃起不全の原因になるとされており、精子の奇形、運動性低下、形成過程での異常を高めるとされています。

・下着

精巣は温度が上がりすぎると、精子の質に影響するため、通気性の良いトランクスが推奨されています。

・飲酒

精子形成において、過度の飲酒が影響するとされています。

・おたふく風邪

大人になってからおたふく風邪を発症すると、精巣炎を合併することがあります。そのため、精子が作りにくくなるとされています。

 

全てを覆す研究結果とは?

2014年の6月に、生殖医療の国際誌に掲載された研究結果では、これらを大きく覆す結果が出ています。

研究はイギリスの大学の研究グループが行ったもので、12か月以上にわたって不妊となっているカップルを対象として調査がされました。

具体的には男性の精子の形状不良を検査しました。

 

その精子の質と、喫煙・下着の種類・飲酒・おたふく風邪の経験の有無・職業の種類・麻薬の使用・肥満度・精子を採取した時期など、様々な要因との関係を調べました。

 

その結果、精子の経常異常になる要因として認められたのは、

「採取時期が夏だったこと」

「採取の3ヶ月以内に大麻を使用していたこと」

のみに限られました。

 

逆に言えば、喫煙、下着の種類、飲酒、おたふく風邪の経験の有無、その他の要因については、関連性が認められなかったのです。

 

この研究では生活習慣と精子の形状不良の間には、関係がないという結果になりました。

研究グループは、生活改善と不妊治療の効果は関係がないのではないかとしています。

ただ、それ以外に原因があるのだとしたら、逆に精子の形状異常を解決する方法が難しくもなってくると言えます。

 

 

(参考:PudMed「Modifiable and non-modifiable risk factors for poor semen quality: a case-referent study.」

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

男性不妊に関する記事

不妊の原因は女性だけではない!男性不妊症の原因であるクラインフェルター症候群とは?

近年の妊活に対する意識の高まりに呼応して、男性不妊症は徐々にですが社会に認知...

男性不妊の原因は病気にも日常生活にもある

  不妊は女性側の問題とする方が多いようですが男性にも不妊の原因があるかもしれ...

男性不妊の体験談

夫のおたまじゃくしちゃんが元気がないと分かって〜鎌倉・長谷寺〜

私たち夫婦は 夫:乏精子症(両側精索静脈瘤) 妻:両卵管閉鎖、AMHが0.83 で顕微授精の道...

高血圧と不妊症の関係

我が家には高血圧管理手帳というものがあります。血圧というのは毎朝おきてすぐに立ち上がったりせずにはか...

カラダノートひろば

男性不妊の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る