カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 病気・症状(女性特有) >
  4. 乳房 >
  5. フランスの研究で明らかに!"閉経前の女性"はほくろが多いと、乳がんになりやすい可能性が…

女性のカラダの悩み

フランスの研究で明らかに!"閉経前の女性"はほくろが多いと、乳がんになりやすい可能性が…

 

女性特有のガンとして最も多いとされているのが、乳がんです。そのため、乳がんに関するあらゆる研究が、様々なチームによって研究されています。この乳がんの発症に関わる要因としては、色々なものが言われていますが、ほくろの数が乳がん発症に関係しているという研究結果があります。

 

フランスの研究「ほくろと乳がんには関係がある」

フランスの国立保健医学研究所が行った研究があります。

89,902人の女性教師を対象に、18年間の追跡研究を行っています。研究では被験者に、自分のほくろの数について「なし」「少ない」「多い」「非常に多い」のいずれかで回答してもらいます。そして18年間で5,956人が乳がんにかかり、その被験者とほくろの数について関連を調べました。

すると、「非常に多い」と申告した女性は「なし」と申告した女性に比べて、乳がんにかかる確率が1.13倍高いことが認められたのです。

 

本当にほくろの多さで乳がんになりやすくなるの?

もちろんほくろの多さ以外に、乳がん発症の誘因になるものはたくさんあります。

この研究では、家族に乳がん患者がいる影響や、良性乳腺疾患にかかった影響などを除外して、ほくろと乳がんの関連性を調べたところ、有意な関係は認められませんでした。

 

じゃあやっぱり、ほくろは関係ないの?

他の条件として閉経の影響も確認しています。

閉経の前後で関連を調べてみると、閉経後ではほくろと乳がんの関係は認められませんでした。

これに対して、閉経前の女性の場合、上記の家族の病歴や良性乳腺疾患の影響を除いても、ほくろと乳がんの関係が認められました。閉経前の女性の場合、「非常に多い」と答えた女性が乳がんにかかる確率は、「なし」の1.34倍になったのです。

 

 

ただ、ほくろの数を自己申告制にしていることで、結果には疑うべき余地もあります。まだ今の段階では、この研究からは、閉経前の女性の乳がんの、ほくろの数の関連が示されたとまでしか、言えないようです。

 

 

(参考:PudMed「Association between melanocytic nevi and risk of breast diseases: The French E3N prospective cohort.

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

乳房に関する記事

パセリに含まれる成分が乳がんを防ぐ?ポリフェノールの一種「アピゲニン」の効果

パセリには多くの女性にとってうれしい成分が含まれています。今回はその女性にとっ...

乳がん検診を受けても発見できない!?進行の早い・治療困難な乳がん

   身近に感じるタレントさんが、身近な病気にかかると我身を振り返るきっかけに...


乳がん検診で発覚した乳腺症って?乳腺症と乳がんの関係

  胸のしこりを感じて乳がんを疑い、不安になりながら乳がん検診に行ってみたら「...

マンモグラフィの「痛い」から解放される!?痛くないマンモグラフィ「エルマンモ」に期待!

   「マンモグラフィ=痛い」と連想される方も多いでしょう。もしかしたら、そのイ...

カラダノートひろば

乳房の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る