カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理用品 >
  5. タンポンの使用で死亡!?誰にでも起こりうる…タンポンショックに注意!

女性のカラダの悩み

タンポンの使用で死亡!?誰にでも起こりうる…タンポンショックに注意!

生理のとき、ナプキンではなくタンポンを使う人も多いでしょう。しかし、酷くかゆい場合は細菌が増殖してるサインかもしれません。タンポンが原因で起きる「トキシックショック症候群」、別名「タンポンショック」には死亡例もあるんです。

 

タンポンショックって何?

これはまれな病気ではありますが、タンポンを使う人であれば誰であっても生じる可能性があります。「自分は大丈夫」が通用しない病気です。

 

このタンポンショックというのは、簡単に言えば敗血症の一種です。敗血症というのは細菌によって起こる病気で、体のどこかにある細菌が血液の中に入って、それが増殖します。

 

細菌は増殖しながら毒素を出し、それによって全身的な症状が出たり、細菌が他の臓器に感染したりして重篤な症状が出るものです。特徴としては、非常に短時間で重篤な症状が起こり、死亡する危険性も高い病気です。

 

どうしてそれが、タンポンで起こるの?

タンポンは膣に挿入することで、出てくる経血を吸収し、せき止めるものです。

 

ナプキンをつけているときに陰部がかゆくなったりしますよね。これは陰部で細菌が繁殖していることで生じるかゆみです。この細菌繁殖の原因は、「経血」と「陰部の環境」にあります。

 

経血自体は、栄養分が豊富です。そのため細菌が繁殖するためのエサがたくさんあります。さらに陰部は湿度が高く、細菌が繁殖しやすい環境です。

 

これはタンポンにも言えます。タンポンに吸収された経血には、細菌のエサがたくさんあります。さらにタンポンは膣をふさぐ形ですから、内部の湿度が高くなります。

 

これに加えてタンポンは膣の奥に挿入しています。すると膣内の常在菌や、腸内細菌が繁殖してしまい、そこから膣、子宮頸管、そして子宮から血液に入り込み、タンポンショックにつながっていくのです。

 

もちろんタンポンを使ったから必ずタンポンショックが起こるわけではありません。一番危険なのは、タンポンの使用時間を越して挿入を続けてしまうことです。

 

タンポンの継続使用時間は8時間までとされています。その上で経血の量に合わせて、こまめな取り換えが必要です。 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-10-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理用品に関する記事

ゆるめるエクササイズが大事!月経血コントロールをトラブルなく開始しよう!

生理中、思わぬ瞬間に大量に月経血でてしまってヒヤッとした経験はありませんか?...

タンポンってどうやって入れるの?

  タンポンってナプキンみたいに漏れを気にすることもなく、スポーツや寝ている時...


ナプキン・ショーツの選び方は?生理中のパンツスタイルはどうしてる?!

ぴったりしたパンツスーツやレギンスを履きたいけど、生理の時はシルエットや経血...

スポーツやレジャーに!オススメはタンポン!

「生理中だけど、運動したい!」だけど、もれないか心配ですよね? はげ...

カラダノートひろば

生理用品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る