カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理用品 >
  5. インフルエンザのような症状…タンポンショックが原因かも?この項目に当てはまったら注意して

女性のカラダの悩み

インフルエンザのような症状…タンポンショックが原因かも?この項目に当てはまったら注意して

 

ナプキンなどの生理用品で、陰部がかぶれたりかゆくなったりするのは、そこに細菌が繁殖するためです。経血は栄養が豊富で細菌が増殖するエサとなりやすい環境です。さらに通気性の悪い陰部は、湿度が高くなりやすく、その点でも細菌が繁殖しやすい環境になっています。

 

タンポンを使う人は知っておきたい、「トキシック・ショック症候群」

トキシック・ショック症候群という病気が、タンポンの使用で起こりやすいことを知っているでしょうか。

多くがタンポンを使用する女性に起こることから、タンポンショックと言われることもあります。これは敗血症という、細菌が原因となっておこる病気の一種です。

体にあまり害のない菌などが、タンポンの誤った使用などで増殖し、体の中で悪さをします。

タンポンの付近で増殖した細菌が、血液の中に入り込んで全身に巡るようになるのです。それによって、細菌が出す毒素や、細菌自体の作用によって、全身、あるいは細菌が行きついた臓器で、重篤な症状が起こります。これが、トキシック・ショック症候群という病気です。

 

どんな症状が見られるの?

タンポンショックでは、短時間のうちに重篤な症状が引き起こされる病気です。インフルエンザの症状にも似ていると言われるその症状は、どのような症状でしょうか。

 

微熱が徐々に高熱に

急な発熱

悪寒

戦慄

吐き気

日焼けをしたような発疹

失神

筋肉痛

めまい

意識混濁

下痢

 

特にこれらに先がけて見られるのが、下半身からの悪臭です。細菌が繁殖することによってニオイがきつくなるのが、早期にタンポンショックに気付くきっかけになります。

 

症状が見られたらどうすればいいの?

これらのような症状が見られ、タンポンの使用が原因だと少しでも疑われた場合には、すぐに病院で診てもらいましょう。

タンポンが入っている場合には、直ぐに取り外してください。

早期に診断がされれば、細菌を殺す抗生物質を投与するなどの方法で、治療が行えます。

ただ、ショック状態に陥った場合には治療が難しくなり、血液透析をして原因菌の除去が必要になることもあります。

だからこそ、重篤な症状になる前に「考えすぎかな」と思っても、「念のため」病院で診てもらうことが必要なのです。

 

 

非常にまれ歯病気ではありますが、だからと言って、自分が発症しないわけではありません。他人事だと思っていると、いざ自分に起こったときに、重篤な症状になるまで放っておいてしまうかもしれません。早期に治療すれば回復も早いということをよく知っておきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理用品に関する記事

ナプキン・タンポン…それぞれの生理用品のメリットは?生理中のムレ・かぶれ対策も必見!

生理中は生理痛だけでなく、ムレなどの不快感に悩まされる女性も多いのではないで...

生理が軽くなる!?月経血をためておく「月経血コントロール」って何?

月経血コントロールって聞いたことありますか?月経血は生理用品をつけて、終わる...


生理をサポートする強い味方!生理用品「月経カップ・サニタリーショーツ・おりものシート」とは?

生理の時に使う生理用品といえば、一般的には使い捨て紙ナプキンが有名で、よく販売...

使う前におしえて!タンポンの不安を解消しよう!!

タンポンは膣の中に入れて使います。 「使ってみたいけど、怖い!」っていう方も多...

カラダノートひろば

生理用品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る