カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理用品 >
  5. タンポンを使っている人は要注意!誰にでも起こりうる…タンポンショック!

女性のカラダの悩み

タンポンを使っている人は要注意!誰にでも起こりうる…タンポンショック!

細菌は私たちの体の中で増殖して、悪さをすることがあります。一部の皮膚の上で増殖したり、一部の臓器で増殖したりして、その場所で悪さをします。

ではこの細菌が血液に入るとどうなるでしょう。

 

タンポンで細菌が血液の中に

生理用品というのも、細菌が増殖する温床になりやすいです。特に経血は細菌にとって栄養満点ですから、増殖するには良い環境です。

さて、このタンポンで増殖した細菌が、血液に入るとします。するとその細菌が血液の中で増殖していき、他の臓器に至ります。その過程で、全身に重篤な症状が出るのです。

これはトキシック・ショック症候群と言う敗血症の一種です。

 

特に、年齢と共に細菌に対する抗体は体の中に増えていきますから、若い人ほどこのトキシック・ショック症候群を発症する危険性は高くなります。

 

トキシック・ショック症候群を発症しないためには?

この病気はタンポンを使っている女性に多く起こりますが、実際にそのメカニズムがはっきりと証明されているわけではありません。トキシック・ショック症候群に関する注意は、製品の説明書に書かれているようですので、よく読むようにしましょう。

 

さらに、以下のことにも注意したいです。

 

・タンポンに触るときは手を清潔にする

・記載されている時間以上の継続使用はしない

・一度のふたつ以上挿入しない

・就寝時は、寝る前に取りかえ、朝に取り除く

・タンポンだけに頼らず、ナプキンなどの他の生理用品も織り交ぜて使用する

 

いつも使っていると、こうした基本的なところが抜け落ちてしまいがちです。

ですが、トキシック・ショック症候群はいつも使っているから大丈夫とも言えない病気ですので、十分に普段から気をつける必要があります。

 

 

きちんと使っていても発症することはある

あまり数の多くないトキシック・ショック症候群ですが、中には、使用中のタンポンが膣内にないのに起こるケースや、数時間使用しただけで起こるケースと言うのも報告されているようです。

こうしたケースを考えると、やはり、タンポンだけでなく、できるだけ他の生理用品も織り交ぜて使用する必要性が感じられます。

 

それでも、仕事やスポーツなどでタンポンを使用せざるを得ない方もいるでしょう。

そんな場合は、よくタンポンの状態を認識し、ちょっとした症状でも見逃さずに産婦人科を受診するという、心構えは必要です。

 

 

タンポンの使用で死亡!?誰にでも起こりうる…タンポンショックに注意!

生理のとき、ナプキンではなくタンポンを使う人も多いでしょう。しかし、酷くかゆい場合は細菌が増殖してるサインかもしれません。タンポンが原因で起きる「トキシックショック症候群」、別名「タンポンショック」には死亡例もあるんです。

 

タンポンショックって何?

これはまれな病気ではありますが、タンポンを使う人であれば誰であっても生じる可能性があります。「自分は大丈夫」が通用しない病気です。

 

このタンポンショックというのは、簡単に言えば敗血症の一種です。敗血症というのは細菌によって起こる病気で、体のどこかにある細菌が血液の中に入って、それが増殖します。

 

細菌は増殖しながら毒素を出し、それによって全身的な症状が出たり、細菌が他の臓器に感染したりして重篤な症状が出るものです。特徴としては、非常に短時間で重篤な症状が起こり、死亡する危険性も高い病気です。

 

どうしてそれが、タンポンで起こるの?

タンポンは膣に挿入することで、出てくる経血を吸収し、せき止めるものです。

 

ナプキンをつけているときに陰部がかゆくなったりしますよね。これは陰部で細菌が繁殖していることで生じるかゆみです。この細菌繁殖の原因は、「経血」と「陰部の環境」にあります。

 

経血自体は、栄養分が豊富です。そのため細菌が繁殖するためのエサがたくさんあります。さらに陰部は湿度が高く、細菌が繁殖しやすい環境です。

 

これはタンポンにも言えます。タンポンに吸収された経血には、細菌のエサがたくさんあります。さらにタンポンは膣をふさぐ形ですから、内部の湿度が高くなります。

 

これに加えてタンポンは膣の奥に挿入しています。すると膣内の常在菌や、腸内細菌が繁殖してしまい、そこから膣、子宮頸管、そして子宮から血液に入り込み、タンポンショックにつながっていくのです。

 

もちろんタンポンを使ったから必ずタンポンショックが起こるわけではありません。一番危険なのは、タンポンの使用時間を越して挿入を続けてしまうことです。

 

タンポンの継続使用時間は8時間までとされています。その上で経血の量に合わせて、こまめな取り換えが必要です。

 

 

タンポンで重大な病気を発症する可能性…気づくカギは、「下半身からの悪臭」です!

タンポンをよく使うと言う方は、トキシック・ショック症候群について知っておいた方がよいでしょう。安全に使っているつもりでも、誰でもこのトキシック・ショック症候群になる可能性があり、同時にこれは重篤な症状になる可能性があります。

 

トキシック・ショック症候群ってなんだ?

敗血症という病気を聞いたことがあるでしょうか。体のどこかで増殖した細菌が、血液の流れに乗って増殖します。重篤な全身症状が見られたり、他の臓器に細菌が流れついて、その臓器で細菌が増殖するということがあるのです。

トキシック・ショック症候群はその敗血症のひとつで、約半数がタンポンを使用している女性に起こるとされています。そのため、タンポンショックとも言われることがあります。

 

タンポンで起こるトキシック・ショック症候群はなぜ起こる?

いわゆるタンポンショックが起こる原因になるのは、間違ったタンポンの使用です。具体的に挙げると、

 

推奨使用時間を超えた使用

使用済みタンポンの外し忘れ

 

といったものがあります。単純なタンポンの外し忘れということもあるでしょうが、自分では外したつもりで一部が千切れて残っていることもありますし、外し忘れで2個目を入れてしまい、余計に中にまで入ってしまうということもあります。

これによって、常在菌などが経血をエサとして増殖してしまい、血流に乗り、トキシック・ショック症候群に至るのです。

 

悪臭に気づけるかどうか?

タンポンの一部が残っているとなると、自分ではなかなか気づきにくいと思います。そんなとき、どうやってそれに気づけばいいのでしょうか。

ひとつの目安は「悪臭」です。タンポンの一部でも残っていれば、そこで細菌が繁殖して、下半身からの悪臭が生じます。このニオイに気づくことが出来れば、トキシック・ショック症候群に進む前に対処できるかもしれません。

 

 

タンポンショックは、非常にまれな病気です。そのため発生件数も多くないのですが、それでも命に関わるケースがあり、そのケースが誰にでも起こり得るのが怖いところです。タンポンを使用する人は、十分に注意しましょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理用品に関する記事

タンポンってどうやって入れるの?タンポンの種類・構造から利点まで

  タンポンってナプキンみたいに漏れを気にすることもなく、スポーツや寝ている時...

ナプキン・ショーツの選び方は?それぞれの生理用品のメリットは?生理中のムレ・かぶれ対策も必見!

ぴったりしたパンツスーツやレギンスを履きたいけど、生理の時はシルエットや経血...

カラダノートひろば

生理用品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る