カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理用品 >
  5. タンポンを選ぶときの参考に♪知りたい!タンポンの構造、タンポンの3つの種類

女性のカラダの悩み

タンポンを選ぶときの参考に♪知りたい!タンポンの構造、タンポンの3つの種類

生理での失敗というのは、多かれ少なかれ誰もが経験するところだと思います。その中でもよく聞くのが、「経血の漏れ」のように感じます。それが起こるのはナプキンを使用しているときですが、それを解決する生理用品としてあるのがタンポンです。

 

タンポンってどんなもの?どんな構造?

タンポンはナプキンと違って、出てきた経血を吸収するのではなく、出てくる前に経血を膣の中で吸収します。そのため、経血が漏れてしまう心配はありません。

 

タンポンというのは、脱脂綿やレーヨンが原料で、この繊維を円筒状に小さく圧縮してできています。この部分が経血を吸収する、「吸収体」の部分で、サイズがいくつかあります。この吸収体に取り出し用のヒモがついており、使用後のタンポンはこのヒモを引っ張って取り出す形になります。

 

3つのタンポン

タンポンの種類は、主に以下の3つに分けられます。

 

1 アプリケータ―タイプ

タンポンの吸収体の部分が、筒(アプリケータ―)に入っています。その筒を押し出すことによって、タンポンを膣に挿入するのがこのタイプです。

 

これによってタンポンが直接手に触れることがありません。体の中に挿入するものですから、清潔な状態を保てるというのは、大きな特長と言えるかもしれません。またアプリケータ―がガイド役になるので、正しい位置に挿入しやすいです。

 

2 フィンガータイプ

カバーをつけた指で、直接膣に挿入するタイプです。指で入れるため、慣れた場合には自分がしっくりくる位置に挿入しやすいかもしれません。

 

3 スティックタイプ

吸収体のおしりにある穴にスティックを刺し、そのスティックを押して挿入します。これもタンポンに直接手が触れませんので、衛生的です。

 

どの種類を使うかはそれぞれの好みですが、自分に適した方法で、かつ衛生的な方法を選びましょう。膣に挿入するという特徴ゆえ、細菌が体の中に入ることに対しては、十分に警戒してください。 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理用品に関する記事

タンポンで重大な病気を発症する可能性…気づくカギは、「下半身からの悪臭」です!

  タンポンをよく使うと言う方は、トキシック・ショック症候群について知っておいた...

スポーツやレジャーに!オススメはタンポン!

「生理中だけど、運動したい!」だけど、もれないか心配ですよね? はげ...


生理中のお悩みを解決してくれるかも!タンポンってこんな利点があるんです!

  女性の方は、生理用品は何を使っているでしょうか。主流なのはナプキンの使用のよ...

ゆるめるエクササイズが大事!月経血コントロールをトラブルなく開始しよう!

生理中、思わぬ瞬間に大量に月経血でてしまってヒヤッとした経験はありませんか?...

カラダノートひろば

生理用品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る