カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠関連摂食障害(SRED) >
  4. 「あれ?起きたら食べ物が減ってる…」心当たりがある場合、○○な症状がないかチェック!

不眠・睡眠障害

「あれ?起きたら食べ物が減ってる…」心当たりがある場合、○○な症状がないかチェック!

夢遊病は、寝ている間に起き上がり徘徊してしまう病気ですが、その間に摂食行動をとるという病気があります。眠りに入った後に起き上がり、意識のないまま食事をするというのが、睡眠関連摂食障害という病気です。

 

新しい病気、睡眠関連摂食障害

睡眠関連摂食障害というのは、夢遊病の一種です。20年くらい前から診断ができるようになった新しい病気で、だんだんと注目が集まってきている病気なのだそうです。

主な症状は、眠っている間に無意識に起き上がり、飲んだり食べたりして、それが終わったら床につくというものです。飲食をした形跡は残りますが、行動をしている間脳は眠っているので、目が覚めても飲食をした記憶はありません。

 

こんな症状に気づいたら注意!

睡眠中の行動を、同居人が気づいてくれれば、患者さんの異変に気づけます。しかし、睡眠中の出来事はなかなか気づきにくいですし、ひとり暮らしの場合はさらに気づくのが難しいです。

寝ている間に自分が動いているなんて、想像もしない方がほとんどでしょうから、「泥棒に入られた」と思う方もいるようです。

では、睡眠関連摂食障害の場合、どんなことが起こり、どんな点が気づくきっかけになるのでしょうか

 

☐目が覚めたらベッドの周りに食べ物が落ちていた

☐起きたら冷蔵庫の食べ物がなくなっていた

☐朝になっても食欲がない

☐これといった原因が思い当たらないのに体重が増える

☐昼間の眠気が強い

 

睡眠中に行動してしまうので、熟睡することができておらず、自分はしっかり寝ているつもりでも昼間に強い眠気を感じることがあります。

また、睡眠中というのは、脂肪が多い物や甘い物、炭水化物といった、太りやすい食べ物を好む傾向があります。そのため、急に体重が増えることがあるのです。

 

知らない間に、飲食をしてしまうというのは、何とも怖い気がします。この病気の詳しいメカニズムは分かっていませんが、夢遊病の異常行動のひとつとして、薬などによる治療効果は期待できるようです。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠関連摂食障害(SRED)に関する記事

寝ながら食べる睡眠関連摂食障害…食べるだけで終わらない、続いて起こる危険な病気って何?

食べるという行動が、ストレスの解消になることがあります。実際、摂食障害のように...

睡眠中にご飯を食べる病気がある!?無意識下で起こる、怖い病気の原因とは?

朝起きた時に、冷蔵庫の中のものが減っているということはないでしょうか。厳密に量...


眠っている間に食事をする?食べていることが記憶にない睡眠関連摂食障害

眠っているときは、本来体は動きません。ですが体が動いたり、目が覚めたように行動...

ペットフードや洗剤、調理まで食べちゃう!?睡眠中に食べてしまう、恐ろしい夢遊病の3つの特徴

寝たまま無意識のうちに飲食をしているとなったら、ダイエットをしている人にとって...

カラダノートひろば

睡眠関連摂食障害(SRED)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る