カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠関連摂食障害(SRED) >
  4. ペットフードや洗剤、調理まで食べちゃう!?睡眠中に食べてしまう、恐ろしい夢遊病の3つの特徴

不眠・睡眠障害

ペットフードや洗剤、調理まで食べちゃう!?睡眠中に食べてしまう、恐ろしい夢遊病の3つの特徴

寝たまま無意識のうちに飲食をしているとなったら、ダイエットをしている人にとっては本当に怖いですよね。

しかし、まれではありますが、自分では寝ているままに飲食をしてしまう病気があります。

 

寝ている間に、食べてしまう病気

睡眠関連摂食障害や睡眠関連食行動障害などと言われる病気があります。夢遊病のひとつで、脳が寝た状態のまま体が動き、飲食をしてしまうというものです。

東京医科大学のグループが行った研究によると、19~25歳の若年者に、インターネット調査で得た回答からは、「睡眠中に無意識に飲食をした経験がある」と答えた方が約5%いるという結果が出ています。

また、若い女性に多く26歳頃に発症したという方が多いのに対して、病院を受診したのが32歳頃という、開きがあるのも特徴です。

 

睡眠関連摂食障害の3つの特徴

この疾患は主な症状は、寝ている間に動きだし、飲食をしてしまうということです。ここではそれ以外の特徴を見てみましょう。

 

1 昼寝では見られない

これは夢遊病の一種で、睡眠が浅いとき、つまり脳が覚醒していて、体が寝ているときに起こります。そのため、眠りに入って1~2時間経過した頃に起こることが多いです。

そのためごく短い時間に睡眠をとる、昼寝ではほとんど見られません。

 

2 食べ物とは限らない

摂食障害と書いていると、ご飯を食べると思うでしょうし、実際そのケースも当然あります。人が食べて問題のないモノを食べるのならばいいのですが、時にはそれ以外を食べてしまうことがあります。

その例としては、未調理の生のままの食材、ペットフード、卵の殻、化粧品、タバコ、洗剤などがあります。時として毒になるものを食べることがあり、その場合は非常に危険と言えます。

 

3 食べるだけじゃない

しばしば、大人しく食べるだけではないことがあります。

目的のものを探して動き回ることもありますし、調理まですることもあります。そのため、お湯を沸かそうとしてやけどをしたり、ケガをすることもあるのだそうです。

 

 

比較的新しく診断ができるようになった病気ですので、まだわからないことも多いようです。治療法に関しても、患者さんの症状を診ながらの対処的な部分が多いのです。ですが治療を受ければ、薬などによって改善が期待されますので、心当たりがあれば早めに受診しましょう。

 

(Photo by:pixabay

(参考:KAKEN「睡眠関連食行動障害の疫学と臨床的特徴に関する研究 2010年度 研究実績報告書)

(参考:KAKEN「睡眠関連食行動障害の疫学と臨床的特徴に関する研究 2011年度 研究実績報告書」)

(参考:KAKEN「睡眠関連食行動障害の疫学と臨床的特徴に関する研究 2012年度 研究実績報告書)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠関連摂食障害(SRED)に関する記事

寝ながら食べる睡眠関連摂食障害…食べるだけで終わらない、続いて起こる危険な病気って何?

食べるという行動が、ストレスの解消になることがあります。実際、摂食障害のように...

睡眠中にご飯を食べる病気がある!?無意識下で起こる、怖い病気の原因とは?

朝起きた時に、冷蔵庫の中のものが減っているということはないでしょうか。厳密に量...


眠っている間に食事をする?食べていることが記憶にない睡眠関連摂食障害

眠っているときは、本来体は動きません。ですが体が動いたり、目が覚めたように行動...

カラダノートひろば

睡眠関連摂食障害(SRED)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る