カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 原因 >
  4. うつ病による『ノルアドレナリン低下』が関連していた?!『頭痛』の原因

頭痛

うつ病による『ノルアドレナリン低下』が関連していた?!『頭痛』の原因

うつ病を発症すると、身体に様々な疼痛(腰痛・歯痛・関節痛・消化器の痛みなど)を生じますが、その中のひとつである頭痛に関しても、発生の原因は神経伝達物質【セロトニン・ノルアドレナリン】の分泌低下によるものであると言われています。この場合、通常の頭痛薬はほとんど効果がないといわれており、うつ病治療に則した頭痛改善の方法を考える必要があります。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

うつ病と痛みの関係とは?

 

うつ病は【セロトニン・ノルアドレナリン(モノアミン)】が減少することにより気分障害を生じるという疾患ですが、同時に複数の疼痛が生じやすい特徴があるとも言われています。その原因には、前記2種の神経伝達物質が、痛みの発生に関わっているといわれています。

 

<モノアミン減少により痛みが生じる機序>

 

1)痛みの刺激の発生は、末梢神経である一次知覚神経の興奮が、中枢神経に伝わり、さらに上位中枢(脳)で痛みと認識されることによって生じる。

2)通常は、この痛みのシグナルを抑制する神経路(下行性疼痛抑制系)が働くが、うつ病ではこの神経路を高める【モノアミン】が減少しているため、鎮痛作用が働かない。

 

⇒抗うつ薬(SNRI薬など:脳内ノルアドレナリン・セロトニンの再取り込みを阻害作用)によって、下行性疼痛抑制系の細胞外モノアミン濃度を増やし「鎮痛作用」をもたらすと考えられる。

 

<抗うつ薬・SNRIとは?>

SNRI薬とは、抗うつ薬の第四世代薬で、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害作用があり、下行性疼痛抑制系を高めることで鎮痛効果を発揮すると考えられています。

また、抗うつ薬の中では、副作用が少ないことが利点です。

 

⇒各種受容体(アセチルコチン受容体・アドレナリンα1受容体・ヒスタミンH1受容体など)を遮断しないことから、副作用である抗コリン作用(口渇 ・顔面紅潮・悪心・胃部不快感・食欲不振・便秘・眠気・目眩い・立ちくらみ)が少ない。

 

SNRIの中でも、頭痛に有効と考えられる薬とは?

 

SNRIの代表的な薬には、『サインバルタ』『トレドミン』などの薬がありますが、これらは【セロトニン・ノルアドレナリン】の増加量に差があり、症状に応じて使い分けることが重要です。

 

<セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込み阻害比率>

 

◆セロトニン再取込阻害比率(数値が低いほど効果が強い)

◇サインバルタ・・・4.6

◇トレドミン・・・203

 

◆ノルアドレナリン再取込阻害比率

◇サインバルタ・・・16

◇トレドミン・・・100

 

<結果>

効果の強さでは、サンバルタ>トレドミン。一方、ノルアドレナリンだけを増やしたい場合、トレドミン>サインバルタとなる。

 

⇒全体的にサインバルタの方が再取り込み阻害の力が強い。サインバルタはノルアドレナリンよりもセロトニンを3~4倍多く増やす。対してトレドミンはノルアドレナリンを多く増やし、その量はセロトニンの約2倍と考えられる(あくまでも理論値で、実際はこの通りにいかないこともある)。

 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

頭痛の原因ともなる顎関節症

  顎関節症という病気が頭痛に影響することもあります。   ●顎関節症...

辛い風邪の症状と頭痛~頭痛のメカニズムとは~

                     感冒(風邪)は主にウイルスや細菌の...


副鼻腔炎で生じる頭痛はどんな頭痛?

頭痛の原因は様々あります。原因が特定できない頭痛もたくさんありますが、原因が...

スマホ依存症が原因!?スマホ巻き肩が引き起こす"肩こり・頭痛"症状

スマホを触っていないと落ち着かないですか?1日のうちスマホにどれくらい費やし...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る