カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 片頭痛(偏頭痛) >
  4. 対処・予防法 >
  5. その他 >
  6. 片頭痛は予防できる?!微弱な電気刺激で片頭痛を治療する医療機器『Cefaly』

頭痛

片頭痛は予防できる?!微弱な電気刺激で片頭痛を治療する医療機器『Cefaly』

近年、ベルギーの企業が開発した片頭痛治療の医療機器『Cefaly』が、話題となっています。Cefalyは、ティアラ型の身体装着型の医療機器で、装着して微弱な電流を流すことで、片頭痛の予防が出来るとされています。その効果とはどのようなものなのでしょうか?以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

片頭痛治療について

 

片頭痛は、世界で約10%程度の人が罹患するという一般的な病気ですが、症状の持続時間は4~72時間と個人によって差があり、重度の人では日常生活に支障をきたすほどの痛みとなる場合があります。比率としては女性の方が男性の3倍多いとされています。治療薬の例としては、現在以下のものがあります。

 

<片頭痛治療薬>

◆軽度

アセトアミノフェン、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)

◆中度~重度

トリプタン系薬剤、エルゴタミン製剤

 

<片頭痛発生の機序とは?>

 

片頭痛の原因は未だ解明されていませんが、発生について有力な説は『三叉神経血管説』です。神経終末刺激により、血管拡張物質(セロトニンなど)が放出され、血管拡張と共に無菌性の炎症が引き起こされ、この刺激が脳に伝わることで、【頭痛・悪心・嘔吐】などの随伴症状に繋がると考えられています。

 

『Cefaly』とは?

 

Cefalyは、頭に着用するタイプの片頭痛予防効果のある医療機器です(FDAによって承認されている)。『経皮的神経電気刺激装置(TENS)』という名称のように、額の中央に粘着性の電極を使用して、皮膚とその下の体組織に電流を流すことで、三叉神経の枝を刺激し片頭痛を予防することが出来るとされています。

 

<適応について>

18歳以上の患者にのみ適応があり、1日1回20分までの使用に限られる。

 

<臨床試験について>

臨床試験の結果については以下の通りです。

 

◆医学専門誌Neurologyで発表された臨床試験

【試験内容】67名を対象に、Cefalyを装着してもらい無作為化比較試験を行う。

【結果】慢性片頭痛の発作を月平均2回減少させ、および使用者の38%で片頭痛発作の発現回数が、少なくとも50%減少した。

 

⇒この試験においては、機器による発作の重症度の減少は認められなかった。

 

最後に

 

上記の臨床試験の結果のように、完全に片頭痛が無くなることはなく、また発生した片頭痛の強度を下げることはなかったと報告されていますが、発作回数の減少につががることはいくらか有用であるように思います。現在、ヨーロッパでは販売価格が3万円程度とされており高価ですが、継続的な頭痛薬の服用やその副作用を減少できることに繋がり、メリットがあると言われています。

 

 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

太極拳が片頭痛に効く理由!

    日本での患者数が800万人と言われる片頭痛ですが、その予防法に太極拳...

慢性化すると危険!片頭痛は早めに病院へ

  慢性片頭痛とは、発症当初の時点では発作性片頭痛を呈していたものが、経過中に...


セロトニンを増やして片頭痛を防ごう!

    日本国内で800万人以上、病院受診率が頭痛の中でも一番の片頭痛ですが...

音過敏で頭痛に悩まされている人必見!耳栓の種類と特徴

    片頭痛の患者さんが悩まされている音過敏。音で頭痛が誘発されるという人は、...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る