カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 予防 >
  5. 牡蠣にシソで骨粗しょう症のオススメ予防食!冬においしい♪牡蠣の栄養たっぷりな旬レシピ

介護・認知症

牡蠣にシソで骨粗しょう症のオススメ予防食!冬においしい♪牡蠣の栄養たっぷりな旬レシピ

 

加齢という要因で、骨密度が低下することがあります。この骨密度の低下を予防するためには、骨の主成分であるカルシウムを中心に、必要な栄養素を不足なく摂取することが必要です。

 

牡蠣を美味しく食べて、骨粗しょう症を予防しよう!

牡蠣には、骨粗しょう症の予防に必要な栄養素が豊富に含まれています。

骨の主成分であるカルシウム、摂取されたカルシウムが効率よく吸収されるのに必要なビタミンD、マグネシウムなどが牡蠣には豊富です。

 

また、骨をつくるためにはビタミンKの摂取も必要です。そのためひとつの料理で骨粗しょう症の予防をするためには、牡蠣にビタミンKを加えて、おいしく、体に良い一品にしましょう。

 

体に良い♪「牡蠣の香り蒸し」で骨粗しょう症予防!

<材料>牡蠣4個分

牡蠣(むき身):4個

長ねぎ :1/2本

しょうが:1/2片

シソ  :6枚

しょうゆ:小さじ2

片栗粉 :大さじ1

 

<作り方>

1.牡蠣に片栗粉をまぶして、軽くもみ込み、ボールに入れた水がきれいになるまで、水を変えながら洗っていきます。その後水を切っておきます。

※片栗粉は汚れやぬめり取りのために使います。

2.長ねぎは斜めに切り、しょうが、シソはみじん切りにします。

3.クッキングシートに牡蠣と2を乗せ、しょうゆをふって包みます。

4.3をフライパンに乗せ、水を注いで沸騰するまで加熱します。沸騰したらフライパンのフタをして、10分程蒸し焼きにします。

☆しょうゆの代わりに、お好みでポン酢でもいいでしょう。

 

牡蠣だけではビタミンKが足りませんが、それをシソが補ってくれます。

シソには、ビタミンKが豊富に含まれていますので、一緒に摂ることで骨粗しょう症予防に必要な栄養のバランスがとれるのです。

 

こうした食事で、骨の形成を助けてあげることは非常に大切です。

それと同時に骨が形成されるためには、ウォーキングなどの運動や、階段を使うなど普段から体を動かすことが、必要ですので、いずれも不足することのないように気をつけましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

冬はやっぱり鍋!牡蠣鍋にプラス○○することで骨粗しょう症予防にぴったりの鍋に!

加齢と共に骨密度が減少していくことは、よく知られています。 骨粗しょう症の予防...

日光浴でビタミンDを!高齢者の骨折予防

骨を強くするためには、カルシウムだけではなく、ビタミンDも必要です。 ビタ...


高齢者の転倒を防ぎ、安全に入浴する工夫をしよう

  高齢者の転倒・骨折が起こりやすい浴室は、危険がいっぱいです。安全に入浴...

高齢者の骨折予防に効く!カルシウム補給食品って?

  カルシウム補給は、高齢者の骨折予防に欠かせません。高齢者が食べやすく、...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る