カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 冷え性 >
  4. 症状 >
  5. 自覚していないだけで冷え性かも!平熱が低い人は必見!平熱は婦人科系のトラブルに関係してる!

女性のカラダの悩み

自覚していないだけで冷え性かも!平熱が低い人は必見!平熱は婦人科系のトラブルに関係してる!

あなたの平熱は何度でしょうか?ときどき平熱が低く、35度台の方がいます。

人の表層部分の体温は36.5度以上あるのが理想で、深層部分の体温は37度以上あるのが理想的です。35度台というところまで下がってしまうと、冷え性という自覚を持っている人も多いでしょう。

 

体が冷えるとホルモンバランスが崩れる!

体温が冒頭の理想温度よりも下がってしまうと、体温を保ったり、血流をコントロールしたり、体温調節をしたりする役割のある、自律神経の働きが落ちます

この自律神経がきちんと働くことと、女性ホルモンの働きは、非常に密接です。そのため一方が崩れると、もう一方のバランスも崩れるように連動しています。

 

女性ホルモンの働きが低下すると婦人科系に影響

女性ホルモンのバランスが乱れれば、当然婦人科系の臓器が影響を受けます。

それによって、生理不順や月経困難症が生じることがあります。冷えによって月経が影響を受けることは、往々にしてあるのです。

 

自分は関係ないと思っていない?

体温が低い場合、それでも自分は冷え性ではないと考えてしまう方がいます。

いわゆる冷え性のように、手足の末端などが触って冷たいという冷え性は、確かに冷え性です。気温が下がるとどんどん体の表面が冷え、氷のようになってしまうことがあります。

 

一方で上記の体温が低いというのは、冷えというよりも、低体温と言ってもいいかもしれません。低体温は体の内側が冷えてしまっているため、冷えを実感できないことがあるのです。

それでも確かに体の中は冷えているわけですから、女性ホルモンのバランスが崩れ、生理不順などが起こるのです。

 

低体温の状態というのは、簡単に改善されるものでもありません。そのため、習慣的に入浴の習慣をつけたり、体の中から温めたり、運動をするなどといった改善方法を続ける必要があります。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

冷え性の人は便秘になりやすい

人が暖かい方に活動的になれて寒いと引きこもりがちになるのは、もはや人としての道理...

内臓の機能不全に不眠、婦人科系疾患まで引き起こす!?"内臓型冷え性"の恐怖

冷え性に悩むのは主に女性が多く、夏冬に関係なく冷え性に悩んでいる方もいます。 ...


お尻が冷えやすい理由

ふとお尻を触ると石のように冷たい…!そんな経験はありませんか?お尻は身体の中で...

夏でも冷えに気をつけるべき理由とは!?冷え対策の重要性

  冷え性は男性にも女性にも見られますが、どちらかといえば女性の方が冷えを感じ...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る