カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. メタボ・肥満 >
  4. 食事療法 >
  5. "肥満を防ぐ"果糖に中性脂肪を増やす作用があった!成分表示で果糖の量をチェックして!

生活習慣病

"肥満を防ぐ"果糖に中性脂肪を増やす作用があった!成分表示で果糖の量をチェックして!

今、果糖のとりすぎに警鐘が鳴らされているのを知っているでしょうか。

果糖はこれまで、食後の血糖値を上昇させない甘味料として知られてきたものです。

少量でかなり甘みを感じられますので、低カロリーの飲料などに使用されることもあります。

 

肥満を防ぐから一転、リスクが分かってきた「果糖」

従来まで、果糖は吸収されてすぐに血中に移動し、血糖値を上げるブドウ糖に対して、肝臓で代謝されることで血糖値を上げないことが注目されていました。

そのため、肥満を防ぎたいときに、甘いものを食べたいならば、果糖を摂取すればいいと考えられてきました。だからこそ、健康食品にも多く使われてきました。

 

しかし、この果糖のリスクがだんだんと明らかになってきています。

考えられているのが、肝臓で代謝された果糖が中性脂肪を増やすという危険です。

結果、動脈硬化を促進させたり、内臓脂肪を増加させたりといった悪影響が指摘されるようになったのです。

 

飲料の表示に注目!

少量で強い甘みを感じられる果糖は、低カロリーの飲料や、清涼飲料水などによく使われています。

実は、成分表示の部分を見ると、果糖がどれくらい含まれているか、確認することができます。同じように見える飲料であっても、実は果糖の量が違っていたりします。

以下の表示を確認してみてください。

 

「ぶどう糖果糖液糖」の表示の場合、果糖が50%未満

「果糖ぶどう糖液糖」の表示の場合、果糖が50~90%未満

「高果糖液糖」の表示の場合、果糖が90%以上

 

中性脂肪が高めで、普段気にしているという方は、こうした表示も気にしてみて下さい。知らない内に、果糖を多く摂ってしまっていて、中性脂肪の量を増やしてしまっているかもしれません。

 

果糖も果物などから摂る程度ならば、特に問題はないようです。ですが人工的なもので摂取する場合には、中性脂肪の増加から、メタボ・脂肪肝などの危険性が高まる可能性をよく考えておきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

食事療法に関する記事

朝ごはんとニンニクでメタボの対策ができる?!

肥満やメタボリックシンドロームの最大の原因はやはり食事にあります。そのため、...

ポッコリお腹の人の共通点!食事内容や習慣以外にも、こんなことしていませんか?

  食事は体をつくる基礎になるものですから、どんなものを食べるか、どんなふうに...


食べたい・・・でもガマンできない?食事療法中のお菓子はOK?

  糖尿病やメタボリックシンドロームの場合はお菓子を制限されることも多いです。...

体脂肪を増やさない!炭水化物の上手なとり方とは?

  炭水化物の摂取は、人間が体を動かす上で欠かせないものです。しかし、体を動かす...

カラダノートひろば

食事療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る