カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. デリケートゾーン >
  4. ゴムショーツのデメリットを補う、フンドシのメリット!女性用フンドシが注目されるワケって?

女性のカラダの悩み

ゴムショーツのデメリットを補う、フンドシのメリット!女性用フンドシが注目されるワケって?

フンドシというと、日本古来、男性のものですが、近年は女性用のフンドシがあるのを知っているでしょうか。もちろん多くの女性が使用しているのが、ゴムで抑えるショーツでしょう。

そんな中でフンドシを選ぶ女性がいるのは、なぜなのでしょうか。

 

ゴムショーツのデメリットとは?

女性の場合、デリケートゾーンのトラブルというのが起こりやすいです。デリケートゾーンというのは、生殖機能とも直結する重要な場所であり、なるべくトラブルが起こるのを避けたい場所でもあります。

多くの女性が普段つかっているゴムショーツは、こうしたトラブルにつながりやすいデメリットがあります。

 

・締め付けの問題

デメリットのひとつが、締め付けです。太ももや腰回りをゴムでしめつけていることによって、血流を阻害し、リンパの流れも悪くなります。それによって、冷えが促進されたり、皮膚の炎症が引き起こされたり、締め付けられていること自体がストレスになったりします。

 

・通気性の問題

また、通気性というデメリットもあります。どうしてもデリケートゾーンというのは湿度が高くなりやすいものです。ゴムショーツの場合、完全にデリケートゾーンを覆う形になりますので、通気性が悪くなりがちで、細菌が繁殖しやすくなります。

そのため、かゆみやかぶれというトラブルが起こったり、さらにはカンジダ症や膣炎といつた病気にもつながりやすくなります。

 

これをカバーするフンドシのメリットとは

ゴムの締め付けが強いゴムショーツに比べて、フンドシはゴムを使わない一枚の布でできています。それによって、締め付けがなくなり、血行不良が起こりにくくなり、血流が悪くなることによるトラブルを回避できるのです。

 

また、ゴムで皮膚とぴったりくっついているわけではないので、通気性もよいです。そのため湿度が高くなりにくく、細菌繁殖のトラブルも起こりにくいです。

 

フンドシに期待する効果が上記のようなものだからか、女性用フンドシとして売られているものには、自然素材で作られているものが多いようです。

女性に起こりやすいトラブルを解決してくれるなら、一度試してみてもよいかもしれませんね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

デリケートゾーン に関する記事

性器ヘルペスやバルトリン腺炎など… 陰部にできるおできの原因はさまざま!

おできのようなものが陰部にできてしまった場合、場所が場所なだけに気になりますし、...

フンドシが女性の悩みを解決する!?そうは言っても…気になる☆フンドシの実際の使用感

女性用のフンドシが売られているのを、見たことがあるでしょうか。 一般的なゴ...


デリケートゾーンの黒ずみ!原因はふだんの生活にあった!?

色素が沈着してしまうデリケートゾーンの黒ずみ。ひとたび黒ずんでしまうと、元の状...

意外と知らない、トイレでの「拭き方」

トイレで用を足した後、どのように拭いていますか? じつは、トイレでの拭き方には...

カラダノートひろば

デリケートゾーン の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る