カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 感染症 >
  4. その他 >
  5. そのマスクきちんと機能を果たしてる?マスクを選ぶときに大事な、サイズの目安を知ろう!

気になる病気・症状

そのマスクきちんと機能を果たしてる?マスクを選ぶときに大事な、サイズの目安を知ろう!

気温が下がり、空気が乾燥してくると、マスクの出番が増えてきます。感染症にかかった後、それを人に感染させないようにするためにつけることもありますが、予防のためにつけることもあります。

いずれにしても、マスクの効果を得るためには、自分に合ったマスクをきちんとつける必要があります。

 

最も大事なことのひとつ「マスクのサイズ」

自分に合ったマスクを選ぶためには、自分に合ったマスクのサイズを知る必要があります。

ですが、マスクのサイズというのは、「子ども用」とか、「小さめ」とか書いてあったりしますよね。

つけてみれば合うかどうか分かりますが、購入する前に試すことはできませんから、結局買ってみるしかありません。

そこで、ある程度のサイズの目安を知っておきましょう。

 

マスクサイズの測り方

マスクのサイズをはかるのに必要なのは、手と定規です。

 

1. 片方の手の親指を耳のつけ根の一番高いところにあててください

2. 次に人差し指を伸ばして、鼻のつけ根から1cmくらい下のところにあててください。

3. だいたい、親指と人差し指でLの形になると思います。

4. 手をそのままの形で顔から離して、親指先端から人差し指先端までの長さを、定規で測ります。

 

この長さが何cmかで、マスクのサイズの目安がわかります。

 

9~11cm:子ども用

10.5~12.5cm:小さめサイズ

12~14.5cm:普通サイズ

14cm~:大きめサイズ

 

これを目安にしてみてください。実際にこの部分の長さが記載されているマスクもありますので、購入前に測っておいて、説明部分をよく読んでみましょう。

 

マスクのサイズが非常に大事!

マスクは、感染症の原因となる細菌は、ほんの少しの隙間から簡単に入ってきてしまいます。そのため、肌とマスクの間になるべく隙間がないようにつけなければ、あまり意味がありません。

だからこそ、自分の顔の大きさにフィットしたマスクを選ぶことが、非常に重要なのです。

 

体が細いから、体重が軽いからマスクが小さいサイズかというと、そういうわけでもありません。

顔の肉付きは人それぞれですから、しっかりと自分のサイズを知ってから、購入するようにしましょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

集中治療が必要になることも…小児の敗血症を予防するには?

  敗血症という疾患を聞いたことがある人は少ないかもしれません。 この名前だ...

敗血症治療で重要となる血流維持

血液に細菌が入り込んだ敗血症の治療は、血液に抗菌薬を投与して細菌を駆除すれば良...


寄生虫「エキノコックス」の感染経路は実は限定的?感染経路について

  狐や犬、猫やネズミなど多くの動物を媒介にして感染を広げる、エキノコック...

敗血症の症状の1つ「敗血症性ショック」って何?

全身性炎症反応症候群とも呼ばれる敗血症。これは体のどこかに細菌が侵入し、血液中...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る