カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 季節 >
  4. >
  5. 冬は家の中こそ突然死に注意!家の中の「意外な場所」が、命に関わる危険な場所だった!

介護・認知症

冬は家の中こそ突然死に注意!家の中の「意外な場所」が、命に関わる危険な場所だった!

冬はヒートショックで亡くなる高齢者が増加するとされています。ではそのヒートショックはどこで起こるでしょうか。

ヒートショックが起こる場所として、すぐ挙がるのがお風呂場だと思います。

しかし意外な場所が、ヒートショックのような症状を引き起こす原因になることがあるんです。

 

温度差で起こる冬の突然死

季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますが、その原因のひとつが気温の変化に体がついてかないことです。

季節の変わり目というと、温度差が生じるのも比較的ゆっくりですが、この温度差がごく短時間に起こるのが家の中です。暖房器具で温められた部屋と、それ以外の部屋では温度差が10度にも20度にもなることがあります。

 

それによって、血管が急激に収縮、あるいは拡張して、血圧が急上昇します。当然動脈硬化が進行しているような場合には、この変化が命取りになる可能性が大きいです。

血圧の急上昇によって、血管がつまり、脳梗塞や心筋梗塞を起こしてしまうかもしれないのです。

 

意外な場所が温度差を生み出していた!

さて、温度差がもたらす体の変化ですが、では、温度差がある場所に注意してあげる必要がありますよね。

 

お風呂に入るときには、脱衣所を温めておいて、浴室もシャワーなどをかけておいた方がいいでしょう。

またトイレや廊下には小さなヒーターがあった方が、移動時の温度差を少なくできます。

 

さて、これ以外にも、意外に「暖かくなっている場所」があります。これは夜、睡眠中にトイレに起きてしまうことが多いという方は、特に注意しなければいけません。

 

その場所というのが「布団の中」です。

 

特に布団に入るときに温めていないのであっても、布団に入っていれば、中はとても温度が上昇します。

そのため夜中に尿意を感じて起き、布団から出て寒い廊下を歩き、トイレに行くとなると、かなりの温度差に体がさらされることになるのです。

 

布団から出るときは少しずつ、あるいは羽織が必要

意外に高温になっている布団の中から出る際は、少しずつ外の温度に体を慣れさせましょう

もしそれが出来ず、すぐに出たい場合には、きちんと防寒をすることが必要です。どうしても「トイレに行くだけだから」と思ってしまい、そのまま出てしまいがちですが、それが危険なのだということを知りましょう。

 

夜布団から起き上がったときの突然死というのは、別の意味でも危険です。

家族が寝ていて発見が遅れることもありますし、それまで寝ていた頭がうまく働かずに足がもつれ、転倒してしまうこともあります。

そのため、羽織などのちょっとの手間を絶対に惜しまないようにしましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

冬に関する記事

体にも心にも影響が出やすい『冬』という季節…高齢者は血圧とうつに要注意です

冬は、高齢者にとっては注意が必要な季節と言われています。 その理由はいくつかあ...

冬の高齢者は肌がカサカサ!かゆみ対策の基本は、保湿クリームとお湯の○○です!?

冬になるとかゆみを訴えてくる高齢者も少なくはありません。 高齢者は皮脂の分泌が...


冬が来る前に高齢者の杖と靴はしっかりチェック!冬には大活躍の介護グッズは○○です!

高齢者の介護のためのグッズは、最近ではさまざまなものが販売されています。 そん...

カラダノートひろば

冬の関連カテゴリ

冬の記事ランキング

人気体験談ランキング

介護・認知症のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る