カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. 注意点 >
  6. 熱いお風呂が好きな高齢者には注意!冬のお風呂は温度のOK・NG!熱いお風呂に潜む、命の危険性…

介護・認知症

熱いお風呂が好きな高齢者には注意!冬のお風呂は温度のOK・NG!熱いお風呂に潜む、命の危険性…

 

きちんと湯船につかることは、健康のためには大切にしたい習慣と言えます。ですが、その習慣もひとたび間違えれば、命を奪う危険な場所になりかねません。お風呂そのものが、人に牙をむくようになるかもしれないのです。

 

危険な熱~いお風呂

若い方の場合、湯船に浸からないでシャワーで済ませるという人も多くいると思います。一方で、特に高齢な方の場合、じっくりと湯船につかるのが好きな人もいるでしょう。

中でも危険視されるのが、熱いお風呂が好きな高齢者の方です。

 

まず高齢であると、それだけで血管が固くなってしまいます。血流というのは、体の状態によって多くなったり少なくなったりしますので、その血流の変化に耐えられる柔軟性が血管には重要なのです。しかし高齢になればその柔軟性が低下します。

 

これに加えて、熱いお風呂というのが血管に悪い影響を及ぼします。急激に体が熱を感じれば血流が増大し、その血管の変化についていけなくなります。

 

これで増大するのが、脳梗塞や心筋梗塞といった、突然死の可能性です。また、血管に負担がかかるということは、心臓にも負担がかかるということですから、心不全などの可能性も増します。

 

じゃあ、危険なのは何度なの?

お湯の温度によって、死亡者の数を数えると、43度のときの死亡者の数がとても多いのだそうです。

熱いお風呂が好きな方は、43度か、もっと高い温度につかることもありますよね。

43度のお風呂に入ると、血管に負担がかかるだけではなく、血液の粘度が増し、つまりやすくなるのです。

 

何度の温度なら安全に入浴できる?

安全と言える温度は40度以下ですが、冬の入浴ならば、41度以下のお湯が推奨されるそうです。

温度が下がると、体の温まり方が不足しそうですが、この2度か3度の差には、体の温まり方を大きく左右する差はないそうです。

 

熱いお風呂にどっぷりつかるのが好きという方もいるでしょう。それでお風呂に入った気がすると感じる方もいると思います。

ですがこうした、体への影響は突然症状として顔を出します。ですから、それまで大丈夫であっても、これからは注意をしなくてはいけないのです。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

気をつけよう!高齢者の着替えで注意したい事故とケガ!

朝起きてパジャマから着替える、入浴後や汗をかいて清潔な衣服に替える、寒さや厚...

こんな行動があったら配慮が必要~高齢者のトイレ問題

  高齢者が在宅で暮らし続けるため、1つのポイントになるのが排泄です。排せ...


頑張り過ぎないで!~介護する家族の「燃え尽き症候群」前兆編

  「燃え尽き症候群」という言葉を知っていますか? これは、あることに対...

入浴よりも手軽に高齢者を清潔に!清拭をする時の注意点

入浴よりも手軽に高齢者の清潔を保てる清拭ですが、いくつか注意したい点もあります...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る