カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 早産 >
  5. お母さんの生活習慣が原因で赤ちゃんが小さく生まれてしまう!?低体重児の増加原因とは?

妊娠・出産

お母さんの生活習慣が原因で赤ちゃんが小さく生まれてしまう!?低体重児の増加原因とは?

ダイエット食品

低体重児(低出生体重児)という言葉を聞いたことはありますか?低体重児とは2500g以下で生まれてくる赤ちゃんのことを指しています。

 

生まれた時が小さすぎると、それだけ赤ちゃんへのリスクが高くなります。しかし、この低体重児は近年増加傾向にあるのです。

 

低体重児が生まれる原因

低体重児が生まれる原因には、赤ちゃん自身というよりもお母さんの健康管理によって増加傾向にあるようです。低体重児が生まれる原因を以下に挙げました。

 

・妊婦のダイエット

女性ならだれでも美しくいたいと考えるものです。妊娠中も、お腹が大きくなっていくことが嫌であえて食事を摂らないなどの妊婦も増えています。お腹の赤ちゃんの栄養は全てお母さんを経由しているので、お母さんの栄養が足りないと、赤ちゃんの栄養も不足しているのは考えやすいと思います。

 

・妊婦の歯周病

最近では妊婦が歯周病の場合は、早産の確率が高くなるという研究結果が出てきました。歯周病を攻撃するために体が出すサイトカインという物質が、子宮を収縮させる作用があるためだと考えられています。

 

口腔内の健康をまもることで、早産のリスクを低下させることもできます。

 

・妊婦の喫煙

赤ちゃんへの栄養は血液の流れで胎盤まで運ばれ、へその緒から取り入れられます。喫煙はこの血液の流れを悪くし、栄養を運びづらくしてしまいます。結果的に赤ちゃんが低栄養になり、低体重児となってしまいます。

 

・妊婦の飲酒

喫煙と同様に血流を悪くするので、栄養が赤ちゃんに届きにくくなってしまいます。また、アルコールも血液にのって赤ちゃんに届くので赤ちゃんの成長に悪影響を与えます。

 

・父親の2型糖尿病

出産前から2型糖尿病であっても、出産後に2型糖尿病であっても、低体重児が生まれやすいといわれています。お母さんだけでなく、お父さんもしっかりとした健康管理が必要になります。

 

お腹の中で赤ちゃんを健康に育てて、元気に産んであげるためにも、妊活中から自分の外見や楽しみだけでなく、健康管理にも目を向けましょう。 

(Photo by:足成 ) 

著者: amママさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

早産に関する記事

妊娠22週~37週未満に出産…早産を予防ためには

  早産とは、妊娠22週から37週未満に出産してしまうことをいいます。妊娠...

新生児集中治療室「NICU」に入る場合も…早産児が生まれたときの病院の対応

妊娠37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを早産と呼びます。赤ちゃんが健康面...

早産の体験談

子宮頸管が短くなっていく??シロッカー法で子宮経管を縛る手術

妊娠21週の頃の検診で子宮経管が短くなってきていると言われました。 それまで子宮経管という言葉すら...

妊娠28週で出産!!③ ~出産~

ステロイド注射から48時間経ちました。 お腹の子は、その日もグリグリ元気に動いていて一安心。 し...

カラダノートひろば

早産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る