カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠後期(8ヵ月以降) >
  4. お腹の赤ちゃんが大きいといわれた!妊娠糖尿病のせい?考えられる理由と対策

妊娠・出産

お腹の赤ちゃんが大きいといわれた!妊娠糖尿病のせい?考えられる理由と対策

後ろ姿 

妊婦さんにとって、赤ちゃんがお腹の中ですくすくと育ってくれることはとても嬉しい事ですね。しかし、産科の医師に「赤ちゃん、大きいですね」といわれたら、不安になることもあるかもしれません。お腹の赤ちゃん(胎児)が大きくなる理由を見てみましょう。

 

両親のいずれか、もしくは両方が背が高い

遺伝によって大きくなっている事が考えられます。個人差の範囲と考えて、あまり気にしないようにしましょう。お母さん、お父さんが赤ちゃんだった時はどうだったのかなど、聞いてみるといいかもしれませんね。

 

ママが糖尿病合併妊娠、もしくは妊娠糖尿病

糖尿病があって妊娠した人は「糖尿病合併妊娠」、妊娠中になった人は「妊娠糖尿病」と呼ばれています。お母さんが血糖値など、食事療法を中心に健康管理を行いながら妊娠期間を過ごすことになります。糖尿病が軽度の場合は巨大児になることが多く、重度であると逆に低出生体重児になることがあります。

 

糖尿病が原因の場合は、大きいけれど、体の機能が未発達の場合もあるため、医師の指示に従ってしっかりと治療を行いましょう。

 

糖尿病の場合は治療

妊娠糖尿病は多くの場合、出産後に元に戻りますが、その後2型糖尿病になる確率が高いともいわれています。この機会にしっかりと糖尿病について知識を得て、赤ちゃんのためにも、自分のためにも治療を行いましょう。

 

体力をつけよう

赤ちゃんが大きい時は、難産になることが多いです。分娩に時間がかかることを考慮して、妊娠中でも出来る範囲で、体力をつけておきましょう。

 

医師に話を聞いておこう

帝王切開の可能性なども含め、不安なときは医師に積極的に質問をしましょう。いざ医師と向かい合うと質問を忘れてしまうこともあるかもしれませんが、まずは看護師でもいいので伝えて、不安をなるべく軽減しましょう。

 

医師によって、大きいと判断する基準が違う場合があるので、どのような基準なのか、心配なことなのか聞いてみるといいでしょう。 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠後期(8ヵ月以降)に関する記事

妊娠後期の赤ちゃんの状態&逆子のときはやってみよう逆子を防ぐ逆子体操

妊娠後期になったらもうすぐ出産…やっと赤ちゃんと会える!という思いが強くなっ...

妊娠後期はどう過ごす?リフレッシュ方法♪やっておきたい赤ちゃんを迎える準備

お腹も目立ってきて、ちょっとした動作も大変になってくる妊娠後期(8ヶ月以降)。...

妊娠後期(8ヵ月以降)の体験談

里帰りしない帝王切開の出産準備★コープの夕食宅配など

「里帰りしない帝王切開の出産準備①」では予定帝王切開のスケジュールと、やりきれない家事などの洗い出し...

やっと産休〜

3月31日でやっと産休に入りました。 予定日は5月20日。 仕事は保育士だったため、朝は7時...

カラダノートひろば

妊娠後期(8ヵ月以降)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る