カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 予防接種(ワクチン) >
  4. 大人 >
  5. 肺炎球菌65歳以上でワクチン接種をするべき理由!薬剤に使われる添加剤あとは?

健康診断・健康管理

肺炎球菌65歳以上でワクチン接種をするべき理由!薬剤に使われる添加剤あとは?

65歳以上になると、『高齢者肺炎球菌予防接種』の案内票が市より郵送されますが、これまで肺関係の病気になった経験が無く、接種費用も無料ではないため、受診せずに済ましてしまうという方も多いのではないでしょうか?しかし近年では肺炎球菌は、抗生物質への耐性菌が出現していることにより、一度発症すると治癒しにくく、国内では死亡原因の第4位となっており、ワクチン接種が重要であることがわかります。加えて、肺炎球菌は常在菌であり、抵抗力が弱まれば、重症化しやすくなるという事実もあります。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

肺炎球菌について 

近年、『肺炎』は死亡原因の第4番目であり(癌・心臓病・脳卒中が他上位)、またその中でも『肺炎球菌』は肺炎発症原因の1/3を占めているといわれています(その他、インフルエンザ菌・マイコプラズマ)。肺炎球菌は、呼吸器感染症の中で最も病原性が強いと言われるほど、重症化しやすいという特徴があります。また前述のように、抗生物質への耐性菌が出現してきている(出現率:約50~70%)ということも状況を悪化させている原因です。

 

<肺炎球菌の保菌者> 

肺炎球菌を多く保持しているのは

◆慢性肺疾患のある人:気管支炎・肺気腫など、

◆子供(生後4ヶ月~4歳まで)の約半数

 

であると言われています。また、健康な人の上気道に常在菌としても存在しているため、高齢の方が風邪の重症化・インフルエンザに罹患・白血球値が低下するなど抵抗力が弱まると、菌が活動し始め、肺炎を発症する場合があります。

 

肺炎球菌ワクチンの詳細について 

高齢者を対象とした予防接種では『ニューモバックスNP』という不活化ワクチンが用いられます。ニューモバックスでは、23種類の精製された莢膜(細胞壁の外側にあるゲル状膜)を抗原として含んでいます。

 

<ワクチンの持続期間は?>

抗体価(ワクチンの効果を示す)は、接種後1ヶ月で最高値となり、その後の4年間はあまり低下しない。5年後にはピーク時の8割にまで低下するが、効果はその後も持続する。

 

<再接種するべきか?>

65歳以上の方で、前回の接種から5年以上経過している場合は、再接種が推奨されます。その他、再接種が推奨されるのは以下の場合です。

 

1)65歳以上の高齢者

2)機能的または解剖学的無脾症(例:鎌状赤血球症、脾摘出)の患者

3)HIV感染、白血病、悪性リンパ腫、ホジキン病、多発性骨髄腫、全身性悪性腫瘍、慢性腎不全、またはネフローゼ症候群の患者、免疫抑制化学療法(副腎皮質ステロイドの長期全身投与を含む)を受けている患者、臓器移植または骨髄移植を受けたことのある者

 

<ワクチンの安全性は?> 

肺炎球菌ワクチンは、インフルエンザワクチン並みの安全性と言われており、副反応は皆無とは言えませんが、重篤な副反応は極めてまれと言われています。よく見られる副反応には、以下のものが挙げられます。

 

◆副反応:注射部位のかゆみ、疼痛、発赤、腫脹、軽い発熱、関節痛、筋肉痛など

(接種日~2日後にかけて腕の疼痛などの局所反応は2~3%、筋肉痛37.5℃以上の発熱は10%以下です。多くは1~3日で消失します。)

 

◆重い副反応:アナフィラキシー様反応、血小板減少、ギランバレー症候群、蜂巣炎様反応など

 

⇒※前回の接種から5年以内に再接種した際には、強い副反応が出ると言われているので、厳重な注意が必要です。

 

<ワクチンの費用は?>

費用は基本的には自費(7,000円程度)ですが、脾臓を摘出した人には保健適用があります。

 

風疹の予防接種のワクチンとは?

風疹の感染を防ぐためのワクチン。病気を防ぐための行うものですが、そのせいで病気になったりはしないのでしょうか?

 

ワクチンは感染症を防ぐための医薬品。

ワクチンの原料となるのは、毒性をなくした病原菌か毒性を弱めた病原菌です。つまり、風疹の予防接種の場合、風疹ウイルスをわざとカラダに取り込むということ。微量のウイルスをカラダに入れることで、そのウイルスに対する抗体を作り出すのです。

 

風疹に一度感染するとかからないと言われるのは、カラダの中に抗体ができるから。予防接種は症状をおさえてその一度感染した状態を作り出すことができるのです。

 

ちなみに、風疹の予防接種の場合、生ワクチンが使用されます。

生ワクチンは毒性を弱めたウイルスが入ったワクチン。毒性をなくしたものより情報を多く取り込むことができるので、ワクチンの効果も長続きします。

 

しかし、この生ワクチンは生きているウイルスをそのまま体内に取り込むため、接種後に異変をきたす可能性は否めません。これが予防接種の副作用といわれるものです。

 

風疹の予防接種で起こる副作用とは? 

予防接種で風疹にかかる可能性があります。

ただし、その確率は100人のうち2人いるかいないか。しかも、症状はごくごく軽いもの。

 

前述したように、風疹の予防接種に使用されるワクチンは生きた風疹ウイルスですから、予防接種で風疹にかかる可能性は残念ながらゼロではありません。

 

とくに、カラダが弱っているときにこのような副作用を発症してしまうことがあります。

 

「熱があるときは予防接種ができない」子供の頃にそう言われたことはありませんか?注射がいやで、嘘の申告をした思い出がある方もいるのでは?

 

熱があるとそれだけカラダが弱っているということ。その状態で予防接種をしたら、そのワクチンの中に入っている病原体に感染してしまう恐れがあるので、熱があるときは予防接種を受けることができないというワケですね。

 

風疹による副作用は、風疹の症状が出る可能性、そしてその症状が重症化する可能性、そしてワクチンの接種によるアナフィラキシーショックなど。 

危険性がゼロとはいえないのが現状です。 

予防が第一ですので気を配り感染から身を守りましょう!

 

中には命の危険も!?海外旅行のための予防接種

海外を旅行すると、日本では通常かからないような様々な病気にかかる可能性がありますが、多くが事前の予防接種・ワクチンで防ぐことができるものが多いです。

また、外国に入国する際に必ず接種しなければならないワクチンもあります。

 

・A型肝炎

A型肝炎ウイルスに汚染された飲食物を摂取してしまうことで感染してしまう病気で、感染してしまうと、発熱・倦怠感などが現れます。体内に十分免疫をつけるためには、渡航1ヶ月前にはワクチンの接種をしたほうが良いでしょう。現地では、生水・生野菜をとらないほうが良いでしょう。

 

・狂犬病

狂犬病に感染している犬などの動物に噛まれる、なめられることで感染します。感染してしまうと、麻痺や不安感などが出て、最終的にはほぼ死に至る怖い病気です。

ワクチンを事前に接種しておくことで、万が一噛まれたりするなどして感染が疑われる場合でも、その後の治療・対応がスムーズになる場合があります。

 

・黄熱病

黄熱病は蚊を通じて感染する感染病です。潜伏期間は3-6日程度とされ、その後嘔吐や熱などの症状が典型的です。そして、場合によっては死に至る病気です。黄熱病は、アフリカや南米の赤道付近にある国々を訪れる場合には接種が勧められます。

国によっては、接種をしたことの証明がない場合、入国できない場合もあるので注意が必要です。

 

・腸チフス

腸チフスは、飲食物から感染する病気で、下痢や熱を発症します。渡航の2週間前までにはワクチンの接種が必要とされています。

 

以上は代表的な予防接種ですが、海外旅行の際は、渡航先によって必要な予防接種が異なりますので、早めに予防接種を打つようにしましょう。

 

大手薬製造メーカーの不正…これをきっかけに知っておきたい薬に含まれる「添加剤」って?

ワクチンなどは健康のために受けるものですが、それをつくっている会社の不正が発覚したとなると不安ですね。

2015年、血液製剤の大手メーカー「化学及血清療法研究所」いわゆる「化血研」が不正な方法で製造を行っていたことが発覚しました。 

 

不正で出荷差し止め

化血研が40年以上も不正な方法で製造を行っていたことがニュースになりました。

 

この不正な製造は、化血研が取り扱っている12種類の血液製剤すべてで行われていたとうことです。

製造効率を高めるという目的で、承認のない添加剤を入れたり、国に認可されていない方法を用いていたそうです。

 

大手のメーカーだけに単純に出荷の差し止めをしてしまうと、代替品の無い製品や、供給不足の危険がある製品が出てきます。

その製品については出荷自粛措置を解除していますが、やはり安全性や供給体制への不安が広がります。

 

薬剤に使われる「添加剤」

出荷がされているのは厚生労働省が安全性を確認したものですが、それでも不安は残りますよね。

 

特にポリオワクチンや冬に流行を迎えたインフルエンザワクチンなどは、子どもへの影響が気になります。

ここでは、先に少し出てきた薬剤の「添加剤」に焦点をあてて書いていきます。

 

薬の添加剤とは?

添加剤はいろいろな目的で使用されます。

「薬の形を整える」「カサを増す」「苦味を抑える」「保存剤として」「着色のため」など色々な種類があります。

 

ただこれらの添加剤を用いる際、「薬理作用を示さない」「人体に無害である」ことなどが条件になります。

添加剤単体だけではなく、添加剤と薬の有効成分との相乗効果によって起こる副作用なども、防ぐ必要があるためです。

 

化血研のケース

今回の化血研のケースでは、承認された添加剤の使用規定が守られていませんでした。そのことが問題視されていることのひとつです。

 

現在出荷が再開された薬剤に関しては、「安全上の大きな問題はない」とされています。

 

添加剤によっては中毒を起こすものもあります

添加剤のほとんどは人体に無害です。

しかし中にはそれ自体が中毒症状を起こす可能性のあるものもあります。

 

市販の薬、見直してみますか?

薬の添加剤については、あまり普段気にしたことはないでしょう。

 

けれどそんな人も、食べ物の添加物に関しては気にしているという方も多いと思います。

添加剤は市販の薬にも含まれています。

むしろ市販薬であれば有効成分よりも添加剤の方が多いことも多々あるのです。

 

食べ物の添加物と同じように、長く摂取すれば何か体に影響が出るかもしれません。

これをきっかけに添加剤について考えてみるのもよいかもしれませんね。

 

風疹の予防接種がまだの方は必読!予防接種のススメ!

「風疹・はしか・おたふくかぜ・水疱瘡」これらは子供の頃にかかることの多い病気の代名詞ですね。一度かかったら二度とかからないといわれ、「風疹はもうやったから大丈夫」なんて会話を耳にすることもよくあります。

 

風疹とはどのような病気で、どんな予防策があり、どのような治療法が行われるのでしょうか。

 

風疹の症状とは?

主に、発熱・発疹・リンパの腫れ・関節痛など。症状が麻疹(はしか)に近いので「三日はしか」と呼ばれることもあります。 

多くの場合、軽度の症状で治っていくものですが、たまに合併症などを引き起こすことも…。

 

合併症の種類は以下のようなもの。

 

<脳炎>

その名のとおり、脳が炎症を起こしてしまう病気です。風疹との合併症の場合、完治することがほとんどですが、治療が遅れるなどの要因から、死に至るケースもあるといわれています。

 

<溶血性貧血>

血液中の赤血球が破壊され、重度の貧血症状を起こす病気です。

 

<血小板減少性紫斑病>

血小板が少なくなり、怪我をしたりしたときなどに血が止まりにくくなる病気です。一時的なものがほとんどですが、中には慢性化してしまうこともあるといわれています。

 

実は風疹に確立した治療法はない!?

風疹の治療は対症療法がメイン。熱を下げるための薬を処方されたり、かゆみがあったりする場合はかゆみをおさえる薬が処方されるだけなのです。

 

あとは、じっと安静にして症状がおさまるのをじっと待つだけ。

風疹ウイルスを退治できる薬はなぜないのだろう?と思いますが、風疹の治療は安静にしていることが一番効果的なのだとか。

 

風邪と同じということですね。

 

風疹予防のもっとも確実な方法は予防接種

風疹を予防するためには、やはり予防接種が一番確実でしょう。

 

現在、日本では生後12か月から90か月未満に1回、1歳児と小学校入学の幼児に1回、中学1年生の時に1回、高校3年生の時に1回の計4回接種することになっています。

 

ちなみにこの時、接種するのは麻疹と風疹の複合ワクチン(MRワクチン)です。

 

また、成人してからは家族を持ったときに接種することが望ましいとされています。

 

これは、妊娠中の女性が風疹にかかった場合、胎児へ影響を与える場合が多く、生まれてくる子に障害をもたらしてしまう可能性があるためです。

 

生ワクチン接種となり、妊娠してしまった後からでは受けることができないので、予定のある方は前もって接種してください。

 

(photoby:pixabay)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-03-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

大人の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る