カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理用品 >
  5. 生理が軽くなる!?月経血をためておく「月経血コントロール」って何?

女性のカラダの悩み

生理が軽くなる!?月経血をためておく「月経血コントロール」って何?

時計3

月経血コントロールって聞いたことありますか?月経血は生理用品をつけて、終わるのを待つものというイメージがありますが、コントロールできるものならしたいですよね。月経血をコントロールする方法をまとめます。

 

月経血コントロールとは

月経血コントロールとは、月経血をためておいて、トイレの時に排出するというものです。おしっこを我慢するようなイメージと一緒ですね。驚くべきことに、昔の人はできていた人も多かったというのです。

 

月経血コントロールの方法

1,膣口を締める

太ももや下腹部に力を入れるのではなく、おしっこを我慢したり、肛門をしめたりするイメージです

2,月経血が溜まったらトイレへ

月経血が溜まっててきたら(溜まってきた感じがしたら)、トイレに行って排出します。「は~」と力を抜く感じしで息を吐いて膣口をゆるめて、腹圧をかけます。体を丸めるより、背筋を伸ばして腹圧をかけるほうが良いようです。

3,なれないうちは定期的に

なれないうちは、失敗しないように1時間ごとなど定期的にトイレにいって排出するようにしましょう。また、使い捨ての紙ナプキンよりも、体が冷えにくく、経血がでた感じもわかりやすい布ナプキンを使うことが勧められています。

 

月経血コントロールの目標

・ナプキンの汚れが少なくなる→ノーナプキンで過ごせる

・月経期間が短くなる

・生理前の不快な症状(PMSなど)が軽くなる

・生理痛が軽くなる

・生理不順が改善される など

 

月経血コントロールのメリット

月経血がコントロールできるというのは、子宮や膀胱などの臓器を支えている骨盤底筋が鍛えられて、上手に使えている状態です。骨盤底筋が鍛えられることによって、臓器の調子も整いますし、ホルモンバランスも安定してきます。子宮の状態がよくなれば、子宮内膜がスムーズに剥がれ落ちるので、生理期間も短くなります。また、女性の多い尿漏れの防止にもつながります。

 

自分自身の体の変化に注意を向けて、チャレンジしてみる価値はありそうです。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/02/07-357630.php

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生理用品に関する記事

タンポンを使っている人は要注意!病気につなげないために、絶対に注意するべきこと

細菌は私たちの体の中で増殖して、悪さをすることがあります。一部の皮膚の上で増...

タンポンの使用で死亡!?誰にでも起こりうる…タンポンショックに注意!

生理のとき、ナプキンではなくタンポンを使う人も多いでしょう。しかし、酷くかゆ...


ナプキン、ショーツ選びで気をつけたいこと

■ナプキンの選び方生理中の不快感を取り除くために、現在では様々なナプキンが発売さ...

使う前におしえて!タンポンの不安を解消しよう!!

タンポンは膣の中に入れて使います。 「使ってみたいけど、怖い!」っていう方も多...

カラダノートひろば

生理用品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る