カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 強迫性障害 >
  4. 強迫性障害やパニック障害に有効?!ビタミン様物質「イノシトール」とは

メンタル

強迫性障害やパニック障害に有効?!ビタミン様物質「イノシトール」とは

イノシトールとは、主に米に含まれているフィチン酸から産生される生理活性物質(ビタミンB様物質)ですが、これを大量摂取することで抗うつ薬の『フルボキサミン』と同等の効果があったとして報告されています。また、その効果から『強迫性障害・パニック障害』にも有効であったという報告もあります。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

イノシトールとは?

 

イノシトールは、米に含まれるビタミン様物質(ビタミンB群)として様々な生理機能を発揮することが報告されています。代替療法として、疾患の治療では『脂肪肝、肝硬変、動脈硬化症、多嚢胞性卵巣症候群等』などに有効として認知されています。イノシトールは体内で合成される物質ですが、合成量には限界があるため、食事からの十分な摂取(脂肪肝、動脈硬化症などに対しての目安:500~2000mg/日)が必要と言われています。また、大量摂取(一日10g以上)により、パニック症候群や強迫性障害(OCD)の治療に有効性が示唆されるなど脳機能の改善の報告もあります。

 

<イノシトールの安全性について>

イノシトールは水溶性物質のため、体内蓄積の心配が無く、経口摂取では安全性が確認されています。副作用としては【吐き気、疲労感、頭痛、目まい】が報告されているます。

 

イノシトールの臨床試験について

 

イノシトールの臨床試験は、以下が報告されています。

 

◆メンデル・フラックス博士のチーム(1996年:イスラエル)

【試験内容】強迫性障害の患者に18g/回を3回/日与え、6週間にわたって継続する。

【結果】強迫性症状が著しく改善し、その効果はSSRI薬(ルボックスなど)と同程度と報告された。

 

また国立健康・栄養研究所の情報で、以下が報告されています。

 

◆強迫性障害への効果

【試験内容】強迫性障害患者13名を対象に、イノシトールを18g/日、6週間摂取させた。

【結果】イエール‐ブラウン強迫性障害評価尺度によるスコアが改善したという報告がある。

 

◆パニック障害への効果

【試験内容】パニック障害患者20名を対象にイノシトール18g/日、1ヶ月摂取させた。

【結果】パニック症候群の発作がフルボキサミンと同程度減少したという報告がある。

 

最後に

 

うつ病に関しては、同じく臨床試験が行われたところ、12g/日を数週間~数ヶ月継続摂取で改善効果は見られたものの、摂取を止めるとすぐに症状が再発したという報告もあります。

 

(photoby:pixabay)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

強迫性障害に関する記事

何度もカギの施錠を確認してしまう…確認障害って?

  精神疾患のひとつに強迫性障害という疾患があります。 アメリカ精神医学会の...

体験者が語る!確認障害の持ち主が仕事をうまくこなす方法

確認障害は、あらゆる物事に対する確認をしないではいられない症状を指します。ここ...


確認しないと気がすまない…そんな確認障害になりやすい人ってどんな人?

  確認障害とは戸締り、書類のミスなどの確認を止められない症状で、半ば自分でも...

確認作業が止められない!確認障害の治療法とは?~薬物治療と認知行動療法~

  「あれ、家の鍵かけたっけ?」と思っても、もう家から遠く離れてしまっていたり...

カラダノートひろば

強迫性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る