カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 胸部 >
  5. 小児喘息 >
  6. プラスチック容器が関連!?子供の喘息発症の原因

育児・子供の病気

プラスチック容器が関連!?子供の喘息発症の原因

近年、米大学の研究によると、子供の喘息発症には『幼児期の食事にプラ容器を使用すること』が関連している可能性があることが指摘されています。その原因物質は、プラ容器に含まれる『ビスフェノールA(BPA)』という物質。

 

現在日本では食品衛生法の規格基準によってほとんどの製品で使用されない傾向にありますが、一部の製品では未だ使用されており、また、昔に製造されたプラ容器を使用すると、物質が溶出する可能性も指摘されています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

ビスフェノールA(以下BPA)と喘息に関する調査

 米ペンシルバニア大学の研究グループによる調査

・妊娠中の母親の尿中のBPA濃度が10倍高くなると、その子どもの4歳時点の肺の機能が落ちると判明した。また、妊娠16週で濃度が10倍高いと、子どもの喘息症状が、通常の濃度の際の4倍強になっていた。

 

BPAとは?

プラ容器の原材料として使用されるBPAは、内分泌かく乱物質に指定されており、過去には子宮内膜症の原因にもなると指摘されています。喘息発症との因果関係は明確には分かっていませんが、統計上、関連している可能性が高いといわれています。

 

ポリカーボネート製のプラスチックや、エポキシ樹脂の原料として含まれています。現在国内ではそれらの合成樹脂から溶出するBPA濃度に規制があり、製品使用にも切り替えが行われていますが、一部では継続して使用されている例もあります。

 

ポリカーボネートの用途としては、サングラス・CD・水や食品の容器まで多くの日用品にわたり、壊れにくいため哺乳瓶にも使用されていることもあります。また、エポキシ樹脂については、缶詰の内側の被覆剤にも含まれています。

 

溶出しやすい環境は?

BPAが溶出しやすい環境としては、合成樹脂(ポリカーボネート・エポキシ樹脂)を以下の条件で扱った場合とされています。

 

・洗剤で洗浄した場合

・酸性の液体に接触させた場合

・高温の液体に接触させた場合

 

内分泌かく乱物質としての作用は?

BPAを摂取するとエストロゲン受容体が活性化され、エストロゲンに類似した生理作用を表すと言われています。特に、動物の胎児・子供への影響は大きく、極めて低用量(2.4~10μg/kg体重)の曝露で、神経・乳腺・前立腺・思春期早発等が報告されています。

 

上記の内容から、出来る限り妊娠初期にはプラスチック容器を使用しないこと、また特に昔購入したプラスチック容器は使用しない(また、もし使用した場合も熱湯を使わない)ことが重要であるようです。

 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

小児喘息に関する記事

喘息のお子さんがいるご家庭は注意!喘息は秋に悪化する!部屋の環境を整えましょう

秋は喘息のシーズンと呼ばれています。元々呼吸器官が弱いお子さんは、1年のうちで...

咳が止まらない、この症状…。気管支喘息に有効な対策とは?!

気管支喘息という病名を、いちどは耳にしたことがある方は多いと思います。 子ども...

小児喘息の体験談

子供の喘息について。

我が家の、長男君。 とにかくよく病気になってた…。 1ヶ月に何度仕事を休んだか。 1歳になるま...

カラダノートひろば

小児喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る