カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 食事療法 >
  5. 注意点 >
  6. 糖尿病でも『赤ワイン』は飲んだ方が良い?!血糖値を下げるというその真偽とは?

生活習慣病

糖尿病でも『赤ワイン』は飲んだ方が良い?!血糖値を下げるというその真偽とは?

糖尿病に罹患すると、アルコールを完全に断酒しなければならないという考えが一般的ですが、近年では適量であれば摂取可能であり、また特に『赤ワイン』には血糖降下作用があることから、摂取したほうが良い結果が出るとの声もあります。その実際とはどうなのでしょうか?以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

蒸留酒と赤ワイン、どちらが血糖値を上げない? 

ある医師によれば、『糖尿病を罹患していても、やめる必要はない』という考えの方もいます。摂取を止めるべきとされているのは、糖質含有量で考えるとビール(一缶10g程度)で、日本酒などの醸造酒も少量の糖質を含んでいるため、可能な限り控えた方が良いとされています。

また一方で、焼酎やウイスキ、ブランデー、ウォッカといった蒸留酒は糖質はほとんど含まれていませんが、カロリーはゼロではないため血糖値が上がる可能性があります。

また、『赤ワイン』に関しては醸造酒で糖質を含んでいますが(1.5g/100ml)、血糖降下作用があるため、血糖値上昇は相殺されるとも言われています。

 

<アメリカ糖尿病学会の臨床試験の結果は?>

アルコールと糖尿病の関係については、ADA(アメリカ糖尿病学会)から次のような臨床試験の報告があります。

 

190人の2型糖尿病患者を二群に分け、一方には毎晩ワインを、もう一方には毎晩ノンアルコール飲料を飲んでもらったところ、朝の空腹時血糖値は、ワインを飲んだ群のほうが22も低かった、という報告がある。

 

赤ワイン(レスベラトロール)なら血糖値を下げるので飲んだ方が良い?! 

レスベラトロールとは、主に赤ワイン・赤ブドウの果皮・ぶどうジュース等に含まれるポリフェノールの一種で、主に高い抗酸化作用や、エストロゲン様作用・抗血小板作用が確認されています。医師の中にも、赤ワインは血糖値を低下させる作用があるため、適量であれば飲むべきとしている例もあります。

 

<レスベラトロール摂取による血糖改善効果とは?>

◆2型糖尿病患者に対する臨床試験Ⅰ(ハンガリー)

【試験内容】II型糖尿病患者19名 (試験群10名、平均57.9±7.9歳、ハンガリー) を対象に、レスベラトロール10 mg/日を4週間摂取させる。

【結果】インスリン抵抗性の改善 、および酸化ストレスの減少が認められたという予備的な報告がある 。

 

◆2型糖尿病患者に対する臨床試験Ⅱ

【試験内容】2型糖尿病患者62名を対象として、次の2群に分けてその効果を比較する。レスベラトロール(250mg/日)+経口血糖降下剤の併用投与群と経口血糖降下剤のみ投与群との3ヶ月間の比較。

【結果】3ヶ月間の投与前後で、『HbA1cの有意な改善・収縮期血圧の有意な改善・総コレステロールの有意な改善・総タンパク質の有意な改善が認められた。

 

◆2型糖尿病患者に対する臨床試験Ⅱ(イラン)(Evid Based Complement Alternat Med. 2013) 

【試験内容】2型糖尿病患者66名を対象に、1日あたり1gのレスベラトロール投与群と偽薬投与群の45日間の比較試験を行う。 

【結果】レスベラトロール投与群では、『収縮期血圧の有意な低下、空腹時血糖値の有意な低下・HbA1cとインスリン抵抗性の有意な低下』が認められた。また、HDL値も有意に増加していた。一方、偽薬群では、空腹時血糖値の軽度上昇(悪化)・LDL値の増加が認められた。

 

⇒以上のデータから、レスベラトロール投与による2型糖尿病での糖代謝改善効果が示唆されます。

 

最後に 

このように、『レスベラトロール』摂取による血糖降下作用は確認されていますが、一方で赤ワイン摂取と血糖値に関する臨床試験の数は少なく、またある試験では糖尿病の血糖値改善効果が現れるには数十本の赤ワインが必要と報告されているなど、現実的な療法とは言えないようです。

レスベラトロールを摂るにはサプリメント摂取が比較的安全であると思われること、また少量の赤ウインなら血糖値は上がらない、と言われていますが、念のため主治医に確認を取っておくことは必要であるように思います。

(参考ウェブページ:三番町ごきげんクリニック、ドクター江部の糖尿病徒然日記、医学博士・蒲原聖可ブログ) 

(photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

いったいどっち?ココナッツオイルと糖尿病…糖尿病にはよくないという考えも知っておこう

   ココナッツオイルは健康に美容に良いと言われます。そのため、食生活の中にと...

糖尿病の食事療法で効果的な「玄米食」のデメリット

  糖尿病の予防・治療では穀物に含まれる食物繊維を多く摂取することが大切に...


糖尿病患者への「糖質制限食」は全身状態を悪化させる?その真偽について

糖尿病患者への『糖質制限食』の導入は、『血糖値の抑制・体重減少・血中LDLコレ...

「糖質ゼロ」はカロリーゼロではない!?糖尿病の方は特に注意!表示の落とし穴について

  ◆「糖質ゼロ」でもカロリーは「ゼロ」ではない! 近年、「糖質ゼロ」「...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る