カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 治療 >
  5. 葉酸には、貧血・神経管欠損症以外にも『動脈硬化・脳梗塞・認知症』などへの効果があった!

女性のカラダの悩み

葉酸には、貧血・神経管欠損症以外にも『動脈硬化・脳梗塞・認知症』などへの効果があった!

葉酸と言えば、主に『赤血球合成』『胎児の中枢神経の定型発育』などが主な効果と考えられていますが、その他にもあまり知られていない効果として、更年期を迎えた女性の『動脈硬化・脳梗塞・認知症・乳がん』予防などへの有効性もあるという報告があります。

 

葉酸とは?

 

葉酸とは、ビタミンMとも呼ばれる水溶性のビタミン様物質(生理活性物質)で、主に蛋白質や核酸(DNA)合成に使われる炭素を含む分子を運搬するという役割を担っており、それゆえ欠乏すると、細胞分裂の活発な赤血球などの合成に障害が起こり、『赤血球障害』や『悪性貧血』を引き起こします。

 

その他にも、妊娠中女性では胎児のDNA合成で大量に消費されるため、欠乏すると『神経管欠損症(脳・脊髄が上手く形成されない)』などの障害が生じます。

 

<近年話題になっている葉酸の効果とは?>

近年の研究で話題となっている葉酸に関する研究では、『葉酸摂取が動脈硬化・脳梗塞・乳がんの予防に有効である』ということです。

 

更年期以降の女性は『ホモシステイン(蛋白質の一種・メチオニンの中間代謝物で、活性酸素を発生させる)』の代謝が上手くいかず、特に動脈硬化の症状が生じやすいと言われています。

 

葉酸は、ホモシステインの代謝をスムーズにし、活性酸素由来のLDLの酸化(⇒動脈硬化⇒脳梗塞などに繋がる)を防ぐ効果があるとされています。

 

◆報告されている葉酸の効果(国立健康・栄養研究所)

1)高ホモシステイン血症の治療

2)先天性の神経管欠損症のリスク減少

3)関節リウマチ治療におけるメトトレキセートの副作用軽減

4)大腸がんのリスクを低減

5)乾癬治療におけるメトトレキセートの副作用軽減

6)白斑の治療

 

⇒また、多嚢胞性卵巣症候群への効果も示唆されています(葉酸+メトフォルミン+ビタミンB群の3ヶ月間摂取で)。

 

臨床試験の結果について

 

葉酸摂取による、閉経後女性の高ホモシステイン血症に由来する症状の予防効果については、以下が報告されています。

 

◆高ホモシステイン血症に関する臨床試験

【試験内容】高ホモシステイン血症の治療に『葉酸』を少なくとも400μg/日投与する。

【結果】多くの研究結果で、400~1,000μg/日の葉酸投与群で、高ホモシステイン値を有意に下げることを示された。

 

⇒また、別の試験では、適切量の摂取で、ホモシステイン濃度を最大90%低下させると言う結果も出ています。

 

◆動脈硬化と認知症に関する臨床試験

【試験内容】アテローム動脈硬化症の高齢患者818名 (50~70歳、試験群405名) を対象として、1日に葉酸800μgを3年間摂取してもらう。

【結果】血清中葉酸濃度の上昇、血漿中ホモシステイン濃度の低下とともに加齢による認知機能の低下を抑制したという報告がある。

 

◆認知症と葉酸摂取に関する調査

【試験内容】認知症ではない高齢者1,033名 (平均72.2歳) を対象とした葉酸摂取に関するコホート試験。

【結果】血漿中の葉酸濃度が高い人ほど、全般的認知能力および精神運動速度が高く、脳の白質病変が少ないという報告がある。

 

最後に

 

上記のように、いくつかの血中ホモシステイン高値に由来する疾患においては、予防効果が確認されていますが、摂取の際に注意したいのが摂取量です。

 

国内では、推奨摂取量400μgであり、上限が1mgとされています。食事由来の摂取量としては、野菜350g中に約400μg含有されていると言われていますので、サプリメントから摂取する際には、総摂取量に気をつけたいものです。

 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療に関する記事

更年期障害の悪化を防ぐ!食事療法で効果を上げよう!

更年期障害で悩んでいる人はとても多く、みなさん治療法を模索しています。ホルモン...

最新ホルモン補充療法(HRT)で更年期症状を緩和

    更年期障害のつらい症状を和らげる治療の1つとしてホルモン補充療法がおす...


納得できる治療を選びましょう

カウンセリングや各種検査によって、更年期障害であることが判明した場合には、コンデ...

諦めないで!治療次第では早発閉経でも妊娠が可能に・・・!?

閉経とは、卵巣の機能が消失してしまった状態で、一般的には50代の女性が多いで...

カラダノートひろば

治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る