カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自閉症 >
  4. 治療方法 >
  5. 自閉症の補完療法となりえる?!ブロッコリーに含まれる『スルフォラファン』

メンタル

自閉症の補完療法となりえる?!ブロッコリーに含まれる『スルフォラファン』

自閉症とは、コミュニケーション障害や常同行動を特徴とした先天性疾患ですが、近年では米国の調査によると70人に1人の割合で発症しているという統計があり、また治療に関しては、自閉症による特性を緩和させるような対処両方が中心となっています。しかし、近年では自閉症は定型発達の場合と比較し、様々な体内物質が不足状態にある(エネルギー産生物質・ミネラル・活性酸素除去物質など)ことが明らかになっており、中でも活性酸素除去能に関しては自閉症特有の行動や慢性疲労の原因にも繋がっている可能性があり非常に注目されています。今回米国の研究で、ブロッコリースプラウトに含まれる『スルフォラファン』摂取で自閉症症状が改善したとする結果が報告されました。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

スルフォラファンとは?

 

スルフォラファンは、ブロッコリーなどのアブラナ科の植物に含まれるフィトケミカルの1種で、その効果にはこれまで『抗酸化・抗炎症作用を介した抗がん作用、生活習慣病予防作用』が示唆されていました。また今回さらに自閉症症状が改善できる可能性があるとして期待が持たれています。

 

<スルフォラファンと自閉症の関係とは?>

 

自閉症では、以下の病態も持ち合わせていると言われています。

 

1)酸化ストレス障害の亢進

2)抗酸化能の低下

3)グルタチオン合成の低下

4)ミトコンドリア機能の低下

5)神経系の炎症の亢進や脂質過酸化の増加

 

スルフォラファンは、これらの病態に対して、抗酸化作用や抗炎症作用を介して作用すると考えられています。

 

臨床試験について

 

◆スルフォラファンによる自閉症改善に関する臨床試験(米国ハーバード大学医学部マサチューセッツ小児総合病院のカンワリジット・シン氏らの研究グループ)

【試験内容】中等度から重度の自閉症と診断された男性29名(13歳~27歳)を対象に、ブロッコリーの芽から抽出したスルフォラファンを18週間投与した(15名は偽薬を投与)。その後4週間後に評価を行った。

【結果】スルフォラファンを服用していたグループでは社会交流、異常行動、言語コミュニケーションに改善が見られた。

⇒一方で、スルフォラファンの服用を中止すると、すべてのスコアが治療前のレベルに戻った。

 

最後に

 

自閉症症状を根治させることは難しいとされていますが、前述のスルフォラファンに加え、その他食生活の改善から得られる効果は大きいという報告もあります。中でも、麦類や乳製品などに含まれる『グルテン・カゼイン』の完全除去やプロバイオティクスによる腸内細菌の改善には大きな期待が持たれています。本人・家族に大きな負担とならない程度に、これらの療法を試してみる価値はあるかもしれません。

 

(photoby:pixabay)

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

治療方法に関する記事

子供のADHD治療薬『メチルフェニデート』は有効?安全性に問題は?

注意欠如多動症(ADHD)の特徴である、不注意・多動性・衝動性は、一見したとこ...

周囲の理解と連携が大切!アスペルガー症候群の対処法

   アスペルガー症候群という言葉を聞いたことがありますか? 高機能自閉症と...


自閉症の薬物治療

    決定的な原因が分かっていない自閉症は、外科手術によって根本的な原因を...

アスペルガー症候群の有効な治療とは

   アスペルガー症候群(高機能自閉症)は、周りの子供達との付き合いが難しく、...

カラダノートひろば

治療方法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る