カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 基礎知識 >
  5. 歯磨き粉に含まれる殺菌剤『トリクロサン』は、肝臓がん発症に繋がる?!

気になる病気・症状

歯磨き粉に含まれる殺菌剤『トリクロサン』は、肝臓がん発症に繋がる?!

近年、歯磨き粉に殺菌剤として配合されている『トリクロサン』という物質が、肝臓がんを発症させる可能性があるとして、注目を集めています。トリクロサンは、主に殺菌剤として市販の歯磨き粉やマウスウォッシュに配合されていますが、飲み込むことによる危険性が示唆されています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

トリクロサンとは?

トリクロサンとは、主に日用品においてはブドウ球菌・グラム陽性菌などに対する殺菌剤として配合される物質であり、『薬用』という記述のある製品や『抗菌作用のある石鹸・シャンプー・歯磨き・医薬部外品』などに使用される傾向にあります。また、トリクロサン単独では常温でダイオキシン類に化学変化することは無いと考えられていますが、ダイオキシンの発生が懸念されるような低温焼却炉ではトリクロサンがダイオキシン類に転化する可能性が示唆されています。

 

トリクロサンと肝臓疾患の発症に関する実験について

近年、米サンディエゴ大学の研究では、トリクロサンの肝臓に対する影響が示唆されています。

 

◆トリクロサンに関するマウス実験(米カリフォルニア大学サンディエゴ校メイ・フェイ・ユエ氏らの研究グループ)

【試験内容】マウスにトリクロサンを投与し、肝臓への影響を調べる。

【結果】トリクロサンを与えられたマウスでは、与えられていないマウスより『肝臓がんの腫瘍数や大きさが増加』することが確認された。

 

⇒また、マウスがトリクロサンに長期間晒されると、肝臓の線維化と腫瘍発生が増加したと説明されている。

 

最後に 

前述の研究グループによると、トリクロサンは、【内分泌かく乱、筋肉収縮の低下】などの作用の可能性があるため、使用されている日用品(歯みがき粉・マウスウォッシュ・ハンドソープなど)では可能な限り飲み込まない方が無難であると説明されています。

 

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

歯みがきで血が出るようになると口も臭くなる?!口臭と歯周病の関係

歯磨きをしたときに血が出るようになったら、口臭にも気をつけた方がよいかもしれま...

ふけ顔に見られる原因は片側噛みが原因!?

  「実年齢よりも老けて見られる」「なんだかこのごろ顔が老けた気がする」と感じ...


外科手術で除去する歯周ポケットの汚れ

  歯周ポケットの炎症がひどくなると、悪化して、歯が抜けたりします。その場...

何を基準に選ぶべき?よい歯医者を選ぶための3つのポイント!

歯医者は一時的に通うものというよりは定期健診で定期的にお世話になるところと考え...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る