カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 抗酸化サプリメント摂取で逆に死亡率が上がるのはなぜ?『プロオキシダント効果』とは?『クロレラ』は健康被害例がある?!

健康診断・健康管理

抗酸化サプリメント摂取で逆に死亡率が上がるのはなぜ?『プロオキシダント効果』とは?『クロレラ』は健康被害例がある?!

 

近年、ビタミンを主としたサプリメントの摂取で、死亡率が上昇することが様々な論文で示唆されています(医学誌Annals of internal medicine:2013年12月号など)。その原因として挙げられている理由のひとつに『プロオキシダント効果(抗酸化物質がラジカルとなり酸化作用を持つ)』というものがあります。特にビタミンCに関しては、ラジカルになりやすく、抗がん治療の高濃度ビタミンC療法ではこの特性を利用し(ラジカルとなることで、がん細胞を攻撃する)治療法として役立っていますが、通常大量摂取を行えば、反対に健康上悪影響を及ぼす可能性があることも報告されています。以下では、その詳細について見ていきたいと思います。

 

プロオキシダント効果について

プロオキシダント効果とは、『生体内では抗酸化物質として作用している生体物質が、逆に酸化を促進すること』ですが、例として、ビタミンCは過酸化水素のような酸化性物質と反応する場合は抗酸化性を有するが、食品の成分として含まれる微量の銅や鉄などの金属イオン、ミオグロビンやヘモグロビンなどのヘムタンパク質などが存在する場合、空気酸化を促進することが知られています(フェントン反応)。種々の金属イオンを介して分子状酸素や過酸化水素からヒドロキシラジカルが発生することから、高濃度のビタミンCと金属イオンを摂取することは、酸化促進させる条件であると言われています。

 

<単一の抗酸化剤ほど、酸化促進する?!>

また、抗酸化剤の還元の順序としては、『抗酸化物質が酸化還元電位の差によって、ヒドロキシラジカルに電子を与え、順番に電子を動かしていく過程で、最後に最も還元力の強いビタミンCに渡され水になる』という順序によって行われますが、単一の、例として『βカロテン』のみを大量摂取した場合、抗酸化過程の真ん中あたりに位置しているため、自身が酸化物質としてたまりすぎることになってしまうため、酸化作用が高まるとも言われています。(p5-6 Frontiers in Gastroenterology Vol. 16 No.2 2011-4)

 

臨床試験について

マルチサプリメントと死亡率の関係についての臨床試験は以下が報告されています。

 

◆マルチサプリメント継続摂取している女性の追跡調査(内科学アーカイブス・2011年10月掲載)

【調査内容】1986年~2008年の約22年にわたる、米国アイオワ州の55~69歳の女性38,772人(平均61.6歳、対象者の62.7%が1種類以上のサプリメントを摂取)を対象とした追跡調査。

【結果】15,594人の死亡を確認された中、摂取群と非摂取の死亡率を比較すると、以下の値となった。

 

<摂取群で死亡率が上昇した例>

◇マルチビタミン・・・6%増加

◇ビタミンB6・・・10%増加

◇葉酸・・・15%増加

◇鉄・・・10%増加

◇マグネシウム・・・8%増加

◇亜鉛・・・8%増加

◇銅・・・45%増加

 

<摂取群で死亡率が低下した例>

◇カルシウム・・・9%減少

 

<摂取群・非摂取群でほぼ同等であった例>

◇その他のサプリメント(ビタミンA、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、セレン)では、飲んでいたグループの総死亡率が飲んでいなかったグループと同等か高い傾向にあったが、誤差範囲に留まる結果だった。

 

◆ビタミンE摂取量と死亡率に関する調査報告(Annals of internal medicine:2005年1月)

【調査内容】135,967人を対象としたメタ解析で、対象となったビタミンE投与に関する研究のうち19のビタミンE400単位以上投与例での死亡率を解析した。

【結果】11研究で約10%死亡率が上昇していることが明らかとなった。

⇒結論として、1日400単位以上のVEは投与すべきでないとされている。

⇒一方で、この解析結果に反対する意見として『高齢者が多く含まれている』『対象は、単独ではなくマルチビタミンとして投与されている』(アメリカ栄養評議会)というものがあった。

 

◆ビタミンC摂取と、血管障害のリスクに関する調査(Lee)

【調査内容】1,923名の閉経後の糖尿病女性を対象として、ビタミンC摂取量と疾患のリスクを解析する。

【結果】VitaminC 300mg/day以上で血管障害のリスクが上昇することが示唆された。

⇒他の動物実験では、一日200mg以上摂取ではプロオキシダント作用が出現し、抗酸化能力を失うという報告もある。

⇒一方で、ビタミンC投与で心血管障害が減少したという報告もあることから(2004年フィンランド:Am J Med)、安定的な効果が見られないことが分かる。

 

最後に 

マルチサプリメントと死亡率の関係については、はっきりとした因果関係が証明されているわけではありませんが、少なくとも『ビタミンCとミネラル』を大量に投与することは、プロオキシダント効果を生じさせる可能性が高く避けたほうが無難であるとされています。抗酸化剤の代用としては、専門家によれば『メラトニン・グルタチオンペルオキシダーゼ・スーパーオキシドデスムターゼ』など比較的安定していて酸化作用を現さない物質を使用することが勧められています。

 

 

(参考ウェブページ:東京銀座クリニック、Med Edge、内科開業医のお勉強日記)

 

 

『クロレラ』は過去にいくつかの健康被害例がある?!

 

クロレラ購入の際に、知っておくべき過去の健康被害例と成分誤表示の例とは?

クロレラと言うと、タンパク質、葉緑素、ビタミン、ミネラル等の栄養素を豊富に含んでいるため、現在では総合的なマルチサプリメントとして利用されている方も多いのではないかと思います。

しかし、『クロレラ』と一口に言っても様々なメーカーから多様な加工法によって製造されているのに対し、クロレラと聞けば安心感を持たせるブランド性があるので、個々の製品の正確な安全性に対しては調査が行われていないのが問題であると思います。

 

過去には、クロレラ製品の中には、光過敏症の皮膚炎を起こす『フェオフォルバイド』(クロロフィルが分解して生成)が多量に含まれていたり、その他含有成分に関する誤表示(鉄分くらいしか栄養素として評価できるものが含有されていなかった、水と糖分だけが主成分であった)等の例がありますが、意外に消費者に対しては知られていないのが実情のようです。

 

健康被害や誤表示の含まれる製品を避けるためには、情報開示が少ない(行われていない)メーカーに対しては、積極的に含有成分などについて尋ね等の姿勢が必要である様に思います。

 

以下では、クロレラについての基本的な知識と、過去の健康被害例などを元にその有用性を考えて行きたいと思います。

 

クロレラの製造法について

クロレラとは、大きさ5~10μm程の水中に発生する緑藻類クロレラ科の淡水藻のことを指し、繁殖速度が速く、また栄養価に富むので大量培養による食糧化の研究が注目されている植物です。

 

基本的な培養方法は、クロレラの光合成による増殖です。乾燥の前段階で見られるクロロフィラーゼ酵素失活に関しては、光過敏症の健康被害が出たために、昭和56年に政府から規制が出されていますが、その後同疾患に関する報告が続いたため、双方の因果関係が現在でも議論されています。

 

<クロレラの培養方法について>

クロレラ製造に関して歴史のあるメーカーの製造法は以下のような手順で行われています。

 

1)傾斜培養

クロレラを斜面培地に移動させた後、人工光線を照射し、最適温度条件下で増殖させる。

 

2)屋内フラスコ培養・屋外プール培養

クロレラを液体培地の入った扁平フラスコに移し、炭酸ガスを入れ同時に光を当てると、クロレラは光合成を行いながら増殖する。その後屋外の攪拌機付きのプールに移し太陽光を浴びながら増殖を続ける。

  

3)ろ過・脱水・洗浄・濃縮

所定の濃度になった後に収穫する。まず培養液中に混入した異物をフィルターで除去した後に、遠心分離機で脱水・洗浄を繰り返し行い、さらにろ過する。十分に清浄になったことを確認した上で濃縮する。

 

5)細胞壁打破

クロレラには強靱な細胞壁があり、消化吸収率が悪くなるため『細胞壁破砕法』を行う。具体的には、高い圧力をかけ、急激に膨張破裂させることで、細胞壁が壊れる。

 

6)生菌殺菌・クロロフィラーゼ失活

クロレラには、光過敏症の原因物質 (フェオフォルバイド) を作るクロロフィラーゼという酵素が含まれているので、短時間高温処理を施し酵素を失活させる。

 

7)乾燥・打錠・包装

生のクロレラは腐敗しやすいが、乾燥すると安定化して長期保存が可能となるため、スプレードライヤー法によって乾燥させる。その後、プレス機によって錠剤を成形加工する。同時に各工程の外観検査、重量検査、異物検査、細菌検査、物理特性検査、成分分析検査が行われている。

 

重要成分については、公的規格より厳しい自社規格を設け、さらに公的機関と自社研究室の両方でダブルチェックが行われている。これらの検査にパスした錠粒がアルミパックに入れ包装される。

  

⇒上記の中でも、特に『クロロフィラーゼ失活』に関しては非常に重要であるので、パッケージに記載が無い場合はメーカーに問い合わせるなどの必要も考えられる。

 

クロレラ摂取による過去の健康被害例とは?

上記でも述べましたが、クロレラ摂取によっていくつか健康被害の例がありますので、留意すべき点と共にご紹介したいと思います。

  

<留意すべき点>

◆マウスでの実験結果しかないため、人間にとって必要な摂取量が分かっていない。

◆妊娠中・授乳中の摂取に関しては、安全性に関して十分な情報がない。

◆C型慢性肝炎の患者は鉄過剰を起こしやすいので、鉄を多量に含む場合のあるクロレラの摂取には注意が必要。

◆クロロフィルの分解産物で光過敏症 (皮膚障害) の原因となるフェオホルバイドが含まれることがある。

◆下痢、疝痛、鼓腸 (ガス) 、吐き気、光過敏症などの副作用が報告されている。

◆ワルファリン服用者はビタミンKを多く含むクロレラや納豆を摂取することを禁じられている。

  

<クロレラと関連性が疑われる健康被害の例>

1) 44~71歳5名がクロレラ錠を15~50錠/日、3週間~1年間 摂取した後に、顔や手の甲に発疹や紅斑、浮腫が出現し、クロレラによる光過敏症と診断された 。

 

2) 昭和51~55年の皮膚科雑誌から薬疹報告192例を集め分析したところ、光線過敏症薬疹46例中クロレラによるものが14例あった 。

 

3) 静岡県内の皮膚科医34病院を対象としたアンケート調査で、クロレラが光線過敏症の原因として多数あげられた 。

 

4) アトピー性皮膚炎の既往歴のある17歳男性がクロレラエキス錠を30錠/日、1ヶ月間、クロレラエキスを30 mL/日、2ヶ月間服用したところ、肝機能障害を伴う皮疹の悪化と診断された。

 

5) 74歳男性がクロレラ製剤の服用により、発熱と肝機能異常を認め、肝機能障害と診断された。

 

6) 熱性痙攣の既往症のある9歳男児が、市販クロレラ食品を2ヶ月間摂取し、急性肝不全を発症した 。

 

7) 15歳女性が、全身倦怠感、嘔気、眼球粘膜の黄染、黄疸、肝障害を認め、内服していたクロレラによる急性肝炎と診断された 。

 

8)クロレラおよびスピルナを主成分とする製品から鉛 (0.07~0.75 ppm) 又はカドミウム(0.08~0.16 ppm) 、アルミニウム (1.27~6.77 mg/g) 、鉄 (291~959 ppm) 、マンガン (19.6~168 ppm) が検出されたという報告がある 。

 (国立健康・栄養研究所「健康食品の素材情報データベース」より引用)

 

クロレラによる健康被害は過去のものと思われがちですが、実際2000年に入ってからも数件肝障害や食欲低下などの症状が出ているので、注意が必要です。

 

いわゆる『健康食品』には、明確な規格基準が存在していないこともあり、他の健康食品に関しても健康被害の報告が多数あります。購入の前には、一度その安全性について確認してみることが大切です。

 

(photoby:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

健康食品・飲料に関する記事

疲労回復に効果的?『酸素水』、話題のチアシード、生のまま摂取は危険?マジック7とは何?

  『酸素水』は疲労回復に効果的?  近年、疲労回復やダイエットなどに効...


わからないと恥ずかしい!?「特定保険用食品」ってどんなもの?トクホ以外の健康食品にはどんなものがある?

巷で話題の特定保険用食品。 特保とも略され、CMや雑誌でもよく見かけるよう...

風邪予防や多発性硬化症などに効く『コエンザイムQ10』と『ラクトフェリン』!

  母乳にも含まれる『ラクトフェリン』とは? 『ラクトフェリン』と言えば...

カラダノートひろば

健康食品・飲料の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る